にんじんブログ

にんじんの生活・勉強の記録です。

MENU にんじんコンテンツを一望しよう!「3CS」

過去記事

にんじんと読む「統計学を哲学する(大塚淳)」🥕 第一章

第一章 現代統計学のパラダイム この記事では数学的な定義を行なわない。 大まかに言って統計学とは、数字や数学を用いてデータをまとめ、それに基づき推論するための学問である。(略)現代統計学には、「記述統計」と「推測統計」という二つの側面がある。…

にんじんと読む「日本の自然崇拝、西洋のアニミズム(保坂幸博)」🥕 第八章+第九章+ここでおわり

第八章 「人間中心主義の宗教」と自然崇拝 「日本人の自然崇拝」は「人間中心主義の宗教」とは根本的に異なります。さらに踏み込んでいえば、キリスト教とは原理的に異なります。すなわち、キリスト教文化圏で発達してきた宗教学理論では日本人の自然崇拝は…

にんじんと読む「日本の自然崇拝、西洋のアニミズム(保坂幸博)」🥕 第四章~第七章

carrot-lanthanum0812.hatenablog.com 第四章 歴史上の宗教の「発見」 第五章 ヨーロッパが見た他宗教とその理論 第六章 日本固有の宗教 というわけで、キリスト教徒たちが日本という「極東」の国の宗教をいかにして見るのかを確認しておきましょう。彼等は…

にんじんと読む「日本の自然崇拝、西洋のアニミズム(保坂幸博)」🥕 第二章+第三章

carrot-lanthanum0812.hatenablog.com 第二章 宗教多様性の社会、日本 日本は多数の宗教を抱える国。日本人の「信仰」はどうなっているのでしょうか。私たちは無意識に宗教というものを””心から信じているかどうか””によって考えています。けれど実はそうし…

にんじんと読む「日本の自然崇拝、西洋のアニミズム(保坂幸博)」🥕 第一章部分

「宗教とはなにか」が問われていない 日本においてはオウム真理教の一連の事件において、宗教というものに一挙に注目が集まった。事件の背景にあった宗教とそれに対する熱狂的な信仰がもたらした残虐な行いはマスコミにも多く取り上げられることとなったが、…

にんじんと読む「おしゃべりな腸(ジュリアエンダース)」🥕 便の話

(ウンチのお話 中身・色・形) ウンチの構成要素をみてみましょう。4分の3が水分です。残りは固体。ではその固体はどういう構成になっているのか。3分の1が引退する細菌、もう3分の1が消化できない食物繊維。フルーツや野菜をたくさん食べると便を大…

にんじんと読む「おしゃべりな腸(ジュリアエンダース)」🥕 ④

小腸における脂肪の吸収は、血管ではなくリンパ管を用いて行われます。リンパ管は血管の横を通っている管のことです。小腸においてはこのリンパ管がすべて集まり、一つの大きなチューブとなって、脂肪を吸収しています。もし小腸のひだひだの血管から脂肪を…

にんじんと読む「おしゃべりな腸(ジュリアエンダース)」🥕 ③

生き物は生き物を食べます。生き物の基本構成は「糖分子」「アミノ酸」「脂質」。消化の営みは、生き物をこれらの基本物質に分けてしまって取り込むことです。 糖分子は互いに結びついて複雑になることがあります。炭水化物です。あんまり複雑だからか、甘く…

にんじんと読む「おしゃべりな腸(ジュリアエンダース)」🥕 ②

次は「小腸」です。長さは7メートルほど。トランポリンなんかやってると小腸も揺れる、揺れ揺れな器官です。光沢があって、ピンク色で、かなりきれいです。小腸はぐねぐねと曲がりくねっているだけに見えますが、真の実力はズームインしたときに見つかります…

にんじんと読む「おしゃべりな腸(ジュリアエンダース)」🥕 ①

第一章 あなたの知らない腸の魅力 人体は三本のチューブでできています。神経・血管・消化管。 口から入って管をまっすぐ進むと、肺と枝分かれ。少し下ではまた枝分かれがあって肝臓へ。食道に胃を通り、遂に「腸」へ達します。神経が通ずる「脳」には注目が…

にんじんと読む「宇宙が始まる前には何があったのか?(ローレンス・クラウス)」🥕 第一章

第一章 いかに始まったのか? この本、「はじめに」が面白いので是非読んでください。 宇宙が始まる前には何があったのか? (文春文庫) 第一章 いかに始まったのか? 1916年、アインシュタイン『一般相対性理論』=重力・空間と時間についての新理論の完成 ➡ …

【二周目!】にんじんと読む「セクストス・エンペイリコスの懐疑主義思想(田中龍山)」🥕 序章~第七章

実はこの本を読むのは二度目です。一周目はこちらへどうぞ「にんじんと読む「セクストス・エンペイリコスの懐疑主義思想(田中龍山)」 - にんじんブログ」。 序章 ヒストリコース・アパンゲレイン(記録として報告する)という立場 アパンゲレイン(報告す…

にんじんと読む「仏教思想のゼロポイント(魚川祐司)」🥕

第一章 絶対にごまかしてはいけないこと 第二章 仏教の基本構造 第三章 「脱善悪」の論理 第四章 「ある」とも「ない」とも言わないうちに 第五章 「世界」の終わり 第六章 仏教思想のゼロポイント 第七章 智慧と慈悲 第一章 絶対にごまかしてはいけないこと…

にんじんと読む「セクストス・エンペイリコスの懐疑主義思想(田中龍山)」🥕

序章 ヒストリコース・アパンゲレイン(記録として報告する)という立場 第一章 ピュロンとピュロン主義 第二章 ピュロン主義とアカデメイア派 第一テーゼ 第二テーゼ 第三章 古代懐疑主義における自己論駁の問題 第四章 古代懐疑主義における哲学と生活 第…

(三度目!)にんじんと読む「依存的な理性的動物」🥕

第一章 傷つきやすさ、依存、動物性 第二章 動物という類に対比されるものとしてのヒト、その類に含まれるものとしてのヒト 第三章 イルカの知能 第四章 言語をもたない動物は信念をもちうるか 第五章 ヒトではない動物の世界はどのくらい貧しいのか 第六章 …

(二回目!)にんじんと読む「依存的な理性的動物(アラスデア・マッキンタイア)」🥕

第一章 傷つきやすさ、依存、動物性 〈傷つきやすさ〉とは、ヒトがその人生のさまざまな場面でさまざまな能力の阻害に苦しめられがちなことをいう。傷つきやすい我々は他者たちの力を借りなければ生きていくことができない。この二つの事実は明白なことで、…

にんじんと読む「依存的な理性的動物(アラスデア・マッキンタイア)」🥕 一度目の読み

伝統的な哲学が前提してきた、ヒトとそれ以外の動物を区別する根拠とは何か?両者の間に引かれた境界線を、イルカなど他の知的動物たちとの比較を通じて批判するとともに、人間を孤立し自足した強い個人ではなく、傷つきやすく障碍を抱えうる動物、共同体のな…

【エッセイ】誰もいない廊下を歩く

朝起きると親戚の訃報が届いていた。 「それでも町は廻っている」コンパクト・コレクション Blu-ray 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2015/12/16 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (2件) を見る 死すべき定め 他の親戚のときもそうでした…

【エッセイ】夢に友達が出た

夢に懐かしいお友達が登場しました。どんだけ会いたがってんだと自分でも引くぐらいです。 夢をかなえるゾウ 作者: 水野敬也 出版社/メーカー: ミズノオフィス 発売日: 2013/04/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (10件) を見る 夢に出てきたとい…

隣りの芝はあおい(日記)

SHIROBAKOを見たでしょうか。アニメーション制作会社の様子を描いたもので、けっこうテレビでも取り上げられていたような気がします。 SHIROBAKO Blu-ray プレミアムBOX vol.1(初回仕様版) 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント…

けっこうひどい文章(日記)

Twitterでも相当ぼやいております。本を読んでいるとどうも気になって仕方がないのが、なんだかクドイ文章です。 人が最低限理解せねばならないのは、××、ということを肝に銘じることが必要である、ということにある。ってくどすぎないかい— 厭世にんじん (@…