にんじんブログ

生活の記録です。

《一人暮らしの家計》方針編

家計の方針

  1. 支出を決める。
  2. それに応じて収入を決める。

 →これを実行するための手段としての「家計簿」。

 →実行した結果としての「労働時間の調整」

 これがにんじん的家計の方針です。この記事の要約にもなっていますので時間がない人はここまででもOKです!

 また書き方についてですが「よいでしょう」「するといいです」などと断定的に書いていますが、基本的にはぼくがどういう風にしているかという話をしているので「という感じでやってます」を語尾につけてもらえると正確です。

 

 お金を増やす方法は2つしかない。

  1.  収入の増加
  2.  支出の減少

 これだけです。これ以外の方法は存在しません

 そして一般的には1番の方法が「仕事」、2番の方法が「節約」と呼ばれます。もちろん資産運用など他にも手段はあるのですが、あまり主だっては扱われていないようです。

 この2つのうち重視するものは2番の「支出の減少」です。理由はふたつ。自分でコントロールできるから。そして収入だけを求め始めると際限がないから。

 支出を検討することがどのぐらいの収入を得るかの基準作りになっています。

自分は毎月いくら使うのか?

 これを知るために必要なのが「家計簿」です。

 家計簿をつけなれていない人は次の順序で続けていくと無理がないと思います。最後の3番は家計簿というよりも支出予定表になっています。

  1.  お金を使った分だけ記録。月末に合算するだけ。
  2.  食費、家賃などいくつかの項目に分けて記録。月末に各項目ごとに合算。
  3.  各項目ごとに限度額をあらかじめ設定しておく。お金を使ったら記録し、残額を計算する。月末に合計支出額を計算。

 表計算ソフトを使うと無理がないと思います。

 3番までたどり着けば、支出は毎月安定してくるでしょう。意外な支出は雑費として計上するなどして区別するとよいでしょう。

いくら収入があればいいか?

 毎月の支出額が判明すれば、次に考えることは「節約」です。たとえば食費が高すぎたり、家賃が高すぎたりしませんか? 外食を控えて自炊すればだいぶお金が浮きますし、メニューを選ぶことによっても変わってくるでしょう。

 健全に生きていけるお金のラインを見つけることです。それが収入の最低ラインであり、それ以上のお金は「自分のため」のものです。

 自分のためにいくら必要かは各個人によります。自分の理想や、労働時間と相談しましょう。

労働時間を減らしたかった

 ぼくは支出の最低ライン付近の収入でうろうろしています。貯金もできていますし、社会保険も、資産運用も問題ありません。

 なによりも創作をしたり、勉強をしたりという時間が欲しかったのです。創作にお金はいりませんし、図書館に行けば勉強もできますので、労働時間だけがネックでした。

 もちろん上に書いたように収入は各個人によります。お酒が好きな人は高いお酒を飲みたいこともあるでしょうし、旅行が好きな人はもっとお金が必要でしょう。

 自分の理想の生活を思い描いて、どれだけ働けばいいかを相談していきましょう。《一人暮らしの家計》記事は続くかもしれません。