にんじんブログ

生活の記録です。

≪解説≫公的年金:全体像

 財布から毎月持っていかれるお金。そのうちの一つが「年金」です。最近は企業から年金保険というような商品が出ていますが、ここで解説するのはお国の年金です。

 

 三階建ての年金像

 年金というのは三段構えになっております。

  1.  国民年金 (20歳から60歳未満のすべての人)
  2.  厚生年金 (会社員)
  3.  企業年金 (会社がやってる年金。任意で加入)

 この3つをもって、老後(老齢給付)、障害(障害給付)、死亡(遺族給付)に備えているわけです。こまごまとした制度はありますが、まずはこれが基本です

すべての基礎・国民年金

国民年金は「20歳から60歳未満の人」が加入します。

※保険料は20歳(20歳の誕生日の前日)の月から60歳(60歳の誕生日の前日)の前月まで納めます。たとえば12月24日が誕生日の人は11月分まで納めるわけです。

国民年金の被保険者は三種類います。
  1.  第一号被保険者 ・・・ 自営業、学生、無職

  2.  第二号被保険者 ・・・ 会社員

  3.  第三合被保険者 ・・・ 第二号の配偶者

 ※会社員にもいろいろいます。たとえば18歳で働いている人。こういうひとは会社員なので厚生年金に入っているのです。そして実は厚生年金の支払いには国民年金の支払いも含まれています。しかし18歳なので、普通にみれば国民年金の被保険者ではありません。どうなっているのでしょうか。

 答えは単純に「国民年金に入っていない扱い」になっています。厚生年金額には反映されますが、国民年金には影響しません。

国民年金には日本国籍は必要ではありません日本に在住していればよいのです。ちょっと驚きです。

  • 日本に住んでいない日本人には加入義務はないことになります。しかし「任意加入」することはできます。
保険料の納付は毎月、次の月の末日までに行います。

※会社に入っている人は給料から天引き。

※払いに行かなくても口座振替や、前納という方法があります。口座振替は月末に引き落としで期限よりも一か月早く納め、前納は半年、1年、2年早く納めます。早く納めれば納めるほど割引されます

※滞納した分は5年以内に払わないとその分のお金はもらえなくなります。国民年金を受給するには払い込んだ期間も関係するので、最悪なにももらえません。

収入が少ない場合は免除制度が使えます。
  1.  法定免除 … 全部。年金半額反映。
  2.  申請免除 … 全部。3/4。半額。1/4。反映あり。
  3.  学生納付特例 … 猶予。反映なし。「あとで払え」
  4.  若年者納付猶予 … 猶予。反映なし。「あとで払え」

※これはぜひ知ってほしいものです。3番と4番は猶予されているだけで払う分は変わりません。しかし申請免除は全部免除を受けても年金が半分もらえます。しかも滞納をしていないので障害年金も遺族年金も受け取れます

※しかも滞納と違ってその後10年間は払い残した分を払ってしまうことができます(滞納の場合は5年しか待ってくれませんでした)。

※ただし付加年金とかいうプラスアルファの制度は利用できなくなります。注意。

支払った保険料は全額が所得から控除されます。

  稼いだ分だけ税金がとられますが、100万稼いで50万を年金支払いに使っていたら稼ぎは50万とみなされるということです。

 

以上、年金の全体像でした。次回は給付について見たいと思います。

carrot-lanthanum0812.hatenablog.com

carrot-lanthanum0812.hatenablog.com