にんじんブログ

生活の記録です。

≪第3回:ちょろんと読書≫論理哲学論考

≪ちょろんと読書≫は良い本をちょっと紹介するコーナーです。

第3回は有名な「論理哲学論考 (岩波文庫)」です。

 論理哲学論考 ウィトゲンシュタイン(著) 岩波文庫

 

 安心と信頼の岩波版です。これを日々持ち歩いている人もいます。にんじんも持ち歩いていました。

世界は成立していることがらの総体である。

 一番最初の文章ですが、にんじんはこれが一番好きです。にんじんが哲学に興味を持ったのは彼がいたからこそです。哲学っていろんな人がごちゃごちゃ違うことを言い合ってて意味不明だなと思っていたところに現れた光でした。

 そうとはいえ、この本は一読してわかるようなものではなく、ウィトゲンシュタイン自身がのちに補足を書き足したほうがよかったと言っているぐらいです。そこで副読本として有名なのは

ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む (ちくま学芸文庫)

ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む (ちくま学芸文庫)

 

  野矢さんの「ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む (ちくま学芸文庫)」です。この本がないとウィトゲンシュタインが何が言いたいのかまったくわかりません。もちろん野矢さんオリジナルの主張もたくさん入っていますが、説得力がありますし、なんといっても何かを頼りにしなければ論考が読めない以上、これが最良の解説本です。論考を開いてみたらわかります、わかりませんので(´⊙ω⊙`)

 

前の記事:

carrot-lanthanum0812.hatenablog.com