にんじんブログ

生活の記録です。

≪第8回:にんじんつれづれ≫しゃかいの あらなみ

 先日、バイトの面接に行ってきました。一体いつぶりでしょう。大学時代の発表の経験のおかげか緊張はしませんでした

 

 

 今日はそういうお話です(重い)。

 この世は生きづらい

 いきなりネガティブな表題になりますが、実際感じたのは妙な生きづらさでした。

 「履歴書に空白期間があるのは印象が悪い」

 これはもう察していることでしたから、これまで仕事で埋めてきたのですが「このあとどうするの?」と訊かれたときはドキリとしました。学生ではなくなった人は高校→大学→大学院 という路線がなくなるためか、そのように訊かれるのでしょう。

 想定されているふつうのコースは

 小学校→中学校→高校→大学→就職(正規)

 なのだと思われます。非正規の場合は「どうして?」となり「就活がうまくいかなかった」が正当な理由として受け入れられる感じがします。そして「うまくいかなかった」ことはプラスには見られません。

 「選択してフリーターになりました」などとは言いづらいですが、統計では一定数そういう方はいらっしゃいます。中卒とか、高卒とか、進学しなかった人も同じく言いづらさを持っています。

 にんじんブログの「支出を減らそう。労働時間を減らそう」というのは働き方を生き方に合わせようということでもあるのですが、正常だと定められた路線が単線だというのは壁以外のなにものでもありません。

 にんじんは開業準備というある意味で就活をしているのでその点ではまだギリギリに路線の上に乗っかっています。自分で作ったお仕事に正規で入ろうとしてるわけですから。準備中だといったらすんなり納得してくれました。

 「今後どうするか考えてます」というのも大丈夫かもしれませんが、年齢が上がるにつれてそれも辛くなってくるでしょう。働き方を考えるうえで「個人事業」というのが今後大きな道具になってきそうです。いずれまとめますが、まぁとにかく

社会の荒波

 日雇い派遣の原則禁止という法律がありますね。要するに短期間の派遣が禁止されるわけです。

www.my-career.jp

 もちろん例外的に働ける場合もあるのですが、それが以下の四点。

  1. 60歳以上の方
  2. 雇用保険の適用を受けない学生(いわゆる昼間学生)
  3. 生業収入が年間500万円以上の方(副業として派遣労働を行う場合)
  4. 生計を一にする配偶者等の収入により生計を維持する方で、世帯収入の額が年間500万円以上(主たる生計者以外の方)

 労働の機会を奪ってる感が尋常ではないですね。きちんと勉強したわけではないので印象の話ですが……ただ、短期でも派遣で食いつないでいた人はいったいどうしたのだろうと不安になります。

 短期派遣は収入の調整に役立ちます。支出を下げれば一か月これだけで生きられます*1普段の仕事と組み合わせて相当贅沢ができるというようなタネにもなるのですが*2、これに引っ掛かってそれができないとなると……。それに会社には大抵副業禁止規定がありますし、あまり「多様な働き方」などは望まれていないのかもしれません。

穴だらけのセーフティ

 生活保護法というものがありますが、調べてみると妙なニュースばかりです。

nikkan-spa.jp

 そもそも受給のためには「資産がゼロ」「助けてくれる親類ゼロ」「働けない」という要件が必要で、申請の段階で崖っぷちです(資産ゼロ)。高額所得者の芸能人の母親が生活保護を受け取っていたというニュースがありましたが、申請のときには親戚中に電話がかけられるそうで、当然孤立します。特に利益もないのに負担させられるからです。40代の男性などは「まだ働ける」という理由で申請を拒否されるケースもあるということです。それどころか事情も一切聞かずに申請書の提出すらさせてもらえない場合も(水際作戦・生活保護問題 - Wikipedia)。

 こっそり貯金をしていたら監視に見つかって「葬儀代」にあてられ、さらに支給も減額という……もはやセーフティではなくなっているようですね。今度生活保護法のコンメンタールを読みますが、

まとめ

 労働の話になると重くなるにんじんつれづれ

 まとめると、

  1.  多様な働き方を国や会社は望んでいない。(短期派遣禁止、副業禁止)
  2.  しかも貧しくなったら終わりみたいになってる。(穴だらけセーフティ)
  3.  社会の荒波

 ということです。しかも生活保護を受ける層を利用した貧困ビジネスなるものまであってほぼ地獄と化してます。それにしてもこう考えてくると、図書館は本当にありがたい場所ですね。まぁ図書館の予算も減らされて「電気はこまめに消そう」みたいなことまで徹底するレベルだそうですが。

 

 面接の結果はまだ来ておりません。どうなるかなあと思っております。

もどかしい世界の上で

もどかしい世界の上で

  • provided courtesy of iTunes

 

前の記事:

carrot-lanthanum0812.hatenablog.com

*1:短期派遣は不定期なことが多く、資産が目減りしていくのでこれだけをあてには絶対できません。それぐらいは稼げる、というぐらいの意味

*2:こっちがメイン。生活費を賄う主な収入に加えてちょっと働きに出る。すると大幅なプラスが見込めます。