にんじんブログ

にんじんの生活・勉強の記録です。

MENU にんじんコンテンツを一望しよう!「3CS」

老いること #28

 原稿用紙一枚で書く日記。#28

 

 年齢を重ねるにつれて、人は疲れてくる。疲れてくると、気にすることのできる範囲が狭くなる。隠し事をしながら何かをすることができなくなる。傍若無人に振る舞うお年寄りは、きっと今まで隠していたものが隠せなくなくなったんだろう。そう思うと、老人というのは、いつも落ち着いているというだけでもはや尋常ではない、尊敬に値する人格者のような気がしてくる。

 年をとると本来のその人が見えるというが、この頃は本当にそれがわかる。悪い部分を直すには時間が必要である。それは悪い面を逐一監視して、やってしまったら反省し、内面化していかなければならないからである。しかしお年寄りにはまず時間もなければ、監視する余裕もない。若いうちに直すしかない。

 自分もいずれ(生きていれば)七十、八十歳になる。高齢化社会になる今、自分のことも含めて「老い」について考えないといけないかもしれない。

 

carrot-lanthanum0812.hatenablog.com

carrot-lanthanum0812.hatenablog.com