にんじんブログ

にんじんの生活・勉強の記録です。

MENU にんじんコンテンツを一望しよう!「3CS」

図書館のことを学ぼう!~図書館概論・図書館の定義~🥕

図書館概論

 「図書館」とはなんであるか。

 図書館とは、「図書」を収容する「館」のことである。一方、英語でLibraryとは、ラテン語のLiber=樹皮を語源に持ち、それが書写の材料とされたことから書物を意味するようになった。そこに場所を指示する"-ry"がついてLibraryと成った。さらに、ギリシャ人は書物を意味するBiblio(ビブリオ)に場所を指示する"-thek"を合わせてBibliotheck=図書館と成った。

 図書館の類似語に「文庫」があるが、これは個人の私的コレクションを指す場合が多く、単に図書館といった場合は収容された図書が社会的な共有資源として扱われるという違いがある。

 アメリカ図書館協会(ALA)は図書館を次のように定義している。

サービス対象集団に、物としての、また書誌的および知的なアクセスを提供するために組織化された資料のコレクションで、当該集団の情報ニーズに関するサービスとプログラムを提供するよう訓練されたスタッフをもっているもの。

  現在、図書館あるいは図書の概念は「場所」や「物」から離れ始めている。仮想図書館、電子図書館電子書籍など、場所に囚われない概念が生まれているからである。故に図書館とは上述の定義のようにひとまずは『コレクション』であって、かつ、『情報ニーズに関するサービスとプログラムを提供する』という機能をもつ

<図書館の要素>

  •  図書館の本体=組織化された資料のコレクション
  •  図書館の機能=情報ニーズに関するサービスとプログラムの提供

 資料! サービス対象集団! 訓練されたスタッフ!

  定義に含まれる「訓練されたスタッフ」とは、図書を提供するためだけに存在するものではなく、図書館の機能の一切を果たす。この定義はそうしたスタッフが適正数存在していることが図書館の要件であることを示している。

 

 図書館の分類

 現在では主に「設置者」によって分類されている。

 図書館ネットワーク

 図書館はその機能を十全に果たすため、図書館同士で協力する。図書館ネットワークはつぎのように定義されている。:

 複数の図書館が、資料収集、提供、保存、目録作業といった図書館業務において、共通の目的のもとに相互依存関係を持ち結び付いた状態、あるいは結び付いてできた組織。図書館協力の同義語として用いられることも多いが、コンピュータや通信と言った技術的要素が図書館間の結び付きの基盤として存在する。

 図書の情報を記録したデータベースを主に、各図書館は連携をとる。こうした協力関係は図書館同士のみならず、類縁機関とも結ぶことがあるのを注意しておこう。

 

⇩ これに沿ってまとめてます。

図書館概論 (JLA図書館情報学テキストシリーズ3)

図書館概論 (JLA図書館情報学テキストシリーズ3)