にんじんブログ

にんじんの生活・勉強の記録です。

MENU にんじんコンテンツを一望しよう!「3CS」

(メモ)人類のグレートジャーニー

 地球上に最初の人類(我々の祖先がチンパンジーボノボと枝分かれ)が誕生したのは700万年前の東アフリカだった。ホモ・サピエンスが誕生したのは20万年前といわれている。ホモ・サピエンスは誕生から15万年間は東アフリカから動かなかったが、5万年前に世界へ向けた旅を開始。その理由は定かではないが、その旅は「成功」し、現代に至って人口は増え続けている。

 「最初の人類」についてはどんどんと新たな事実がわかり、教科書は書き換えられ続けている。現在のところでは「サヘラントロプス・チャデンシス」である。彼等が最古であるかどうかは今なお議論されている。彼等は「二本足で歩」いていたが、いまだに半樹上生活を送っていた。「木からおりた」のは、約420万年前のアウストラロピテクス。彼等の時代は200万年も続いた(そのため、いろいろな種類がいる)。ルーシーという名前のついたアウストラロピテクスがよく知られている。

 次の進化は240万年前~180万年前のホモ・ハビリス、脳が大きくなった。次いで、150万年前にはホモ・エレクトスに進化、彼らはさらに大きな脳をもち、精巧な石器と集団の狩りを行い、遂に故郷アフリカを出てユーラシア大陸を旅立った。ジャワ原人北京原人もエレクトスから分岐した彼らの仲間である。

 一方、アフリカに残ったホモ・エレクトスの中から、ホモ・ハイデルベルゲンシスが誕生。このホモ・ハイデルベルゲンシスのうち、ヨーロッパへ向けて旅立った種がネアンデルタール人へと進化し、アフリカに残った者がホモ・サピエンスであった。ホモ・サピエンスが何らかの理由でアフリカを出た時、外にいたネアンデルタール人と巡り合い、そうして何らかの理由で、ネアンデルタール人は滅亡した。

 

ネアンデルタール人vsホモ・サピエンス

 ネアンデルタール人ホモ・サピエンスと出会って、数千年の間に滅んだ。サピエンスがアフリカを出た5万年前は氷河期の最中で、厳しい寒さだった。ネアンデルタール人がヨーロッパからアフリカ川へ南下してきたのもこのためである。

 二つの種の間にはさまざまな違いがある。

  • まず、「狩猟方法」に違いがあった。ネアンデルタール人は茂みに潜み獲物を待ち伏せする戦術を用いていたが、サピエンスは弓矢や槍で遠くから攻め集団で遅いかかる戦術を用いた。しかもサピエンスはイヌと協力しており減少する小型動物をあきらめ大型動物をともに仕留めることで共存してきた。
  •  「食性」にも違いがあり、ネアンデルタール人はほぼ肉食だったのに対し、サピエンスは雑食だった。つまり、もし狩りがうまくいかなくても補うことができた。ネアンデルタール人は体格が大きく、しかし、むしろそのために必要エネルギーも大きくなり不利に働いた。
  •  また、サピエンスはマンモスの骨や皮で小屋をつくり、寒さをしのいでいた。
  •  ネアンデルタール人はサピエンスよりも脳容量が大きかった。しかし前者は「特化」されるもので、後者は「つなげる」ものだった。たとえば花をみたとき、サピエンスは「まるで~~のようだった」というふうに別の類似のものを持ち出すが、ネアンデルタール人は花のあった場所や形、シワなどを説明する。サピエンスの思考の連なりが共同体内での共通認識を形作る基礎となった。また出来事が別の出来事と共に語られることで前後関係により時間が加わり、出来事変化の理由にも思考が及びやすくなった。「物語を作る能力」を持っていたのがサピエンスだった。(認知革命

 生存競争に勝ったのは、サピエンスだった。

 

図解でわかる ホモ・サピエンスの秘密

図解でわかる ホモ・サピエンスの秘密