にんじんブログ

にんじんの生活・勉強の記録です。

MENU にんじんコンテンツを一望しよう!「3CS」
にんじん放送局にて「今日の単語(キョウタン)」配信中!
にんじん放送局にて「おいでませ!湖中町」シリーズ 第三弾「私は知らない」配信中!

(メモ)人類のグレートジャーニー ②

 ホモ・サピエンスが長く続けてきた狩猟採集生活の時代は、驚くほど豊かなものだった。森に入って果実をとり、海が近ければ釣りを行い、そこに住んでいる動物をイヌとともに捉え、川では追い込み漁がおこなわれたりした。この時代は『人類史上最も豊かだった』ともいわれているが、しかし次第に、少しずつ定住型の暮らしが見られるようになっていく。

 農業革命はおよそ1万2000年前に起こった。紀元前7000年頃、チグリス・ユーフラテス川流域のメソポタミア、紀元前5000年頃に黄河や長江流域等々。集約して育てることに適し効率よく栽培できた穀物が注目される。たとえば米・小麦・トウモロコシ・じゃがいも・サトウキビなど、いろいろな場所の風土にあった栽培がおこなわれ、人類はそのそばに家を構えるようになった。

 人口は激増したが、穀物中心の食生活で栄養バランスを欠くようになった。また、畑の世話のために労働時間は著しくふえ、朝から晩まで仕事をしなければならなくなった。世話が終わっても穀物を保存・管理しなければならず、そしてまた人口増加によって田畑が増えたことでさらに世話・保存・管理の手間が増え、どんどんと働く時間が増えていく。農業革命は『パンドラの箱』だったといわれるゆえんである。

  •  不健康な食生活
  •  田畑の世話・穀物の保存、管理の手間
  •  感染症の流行による死者 → 排泄物・家畜の糞尿を肥料としたことによる。貯蔵所にはネズミが群がり、貯水池には害虫が発生。以前なら移動することでこうした困難から逃れていた。
  •  戦争。定住生活によって土地の奪い合いに。「武力」が持つ意味から男女の位置に偏りが生じ、女性はサポート役に。

 食料の分配問題によって権力に格差が生じ、それに実効性を持たせるために武力が向上。正当化のために宗教が持ち出され、ルールによる社会構造の組織化が起こり国家が生じてくる。