にんじんブログ

にんじんの生活・勉強の記録です。

MENU にんじんコンテンツを一望しよう!「3CS」

にんじんと読む「わたしは不思議の輪(ダグラス・ホフスタッター)」🥕 ~第二章

本書を通じて自分の考えが哲学者たちに伝わるのを望みはするが、哲学者のような書き方はするまいと思っている。わたしには、多くの哲学者は数学者と同じで、自分の正しさを実際に証明できると信じていて、そのために非常に厳密で専門的な言葉を多く用い、場合によってはありとあらゆる反論を想定して、その反論に反論しようと準備しているように見える。そのような自信には敬服するが、わたしはそこまで楽観的ではなく、もう少し宿命論的だ。わたしは、何かを哲学で完全に証明することは不可能だと考える。

わたしは不思議の環

 

 第一章 魂のサイズ

  •  父の死後、母がその写真を見て「こんなのはインクが染みついたただの紙切れ」だといって泣いた。私はそれに同意できず、次のように応答した。「ショパンの楽譜もただのインクの染みだが、百五十年間人々に力を与えて来た。あれにはショパンの心の中に渦巻いていた深い感情が秘められていて、僕たちはそれに触れることが出来る。それと同じように、パパの写真を見ると、僕たちの中に残っているパパが呼び起こされる。あれはパパの魂の断片なんだ」
  •  トマトを切り刻むこと、オッケー。蚊を叩き潰す、オッケー。豚も食う、鳥も食う、牛も食う。でも犬は食わない。動物を実験に使って殺してみるのはどう。どの生き物も同じレベルに置くなら、トマトだって許されないはずだが、私たちはどこかで「魂のサイズ」の「より大きな」ものが「より小さな」ものを犠牲にすることを認めている。それじゃどこでそのラインを引くか、なんてことになると恣意的になる。
  •  あなたに潰されて死にかけた蚊が、床の上をもぞもぞ這っている……。
  •  戦争における敵兵。死刑囚。奴隷。アルツハイマー。異教徒。
  •  なんとなくのイメージ。健康な成人 → 知的発達の遅れた人、脳に損傷を負った人、認知症→ 犬 → ウサギ → 鶏 → 金魚 → 蜂 → 蚊 → ノミ →微生物 → ウイルス → 原子……。
  •  魂。あるいは内面性。
  •  精子卵子が結合したときに魂が発生するとは思えない。そこで誕生したのはむしろ「魂がふくれあがる存在」つまり、複雑な内部構造あるいはパターンを発展させる存在。精妙なパターンには、発達と衰退の幅がある。

 

 「魂」「私」の根底をなす、あるいはそれらを生じさせるとわたしが信じているものの本質を突き止める!

 

第二章 揺れ動く不安と夢の球体

  •  文学研究は紙質や本の装丁、インクとその科学的組成、版型やマージン幅、活字や段落の長さなどについてしか語ってはいけないのだろうか? もちろんそんなことはない。しかし、ならなぜ「脳研究」が、アミノ酸神経伝達物質シナプスニューロンなどしか相手にしてはいけないのだろう? 重要なのはいずれの場合も、抽象物だというのに。脳研究には次の要素もリストにいれてもらおう! すなわち、犬という概念、犬と吠えるの連想リンク、長期記憶と短期記憶、ミーム、自我、イド、母語の文法、ユーモアのセンス、そして「私」
  •  人々はなにかが脳の物理的反応に対応するのが大好きだが、それに先立って、あるいは後追いでも、リストの要素間のさまざまな関係性を確立させるのだって大事なことだ。
  •  脳を研究しようっていうのに、それも概念とか、アイデアとか、プロトタイプ、ステレオタイプ、アナロジー、抽象化、記憶、忘却、混乱、比較、創造性、意識、同情、共感といったものに説明を与えようってのに、陽子だの中性子だの、なにかの科学的性質だの、微視的なレベルで語るのは間違ってる。
  •  たしかに、誰だって知ってるけど、臓器というのは細胞からできている。だから細胞の観点から臓器を観察してみるのはいいことだ。が、そうしていたら見えないことがある。たとえば心臓だ。心臓は単に細胞の集まりじゃない。それは「ポンプ」だ。細胞をいくら研究したって、ポンプは絶対出てこない。
  •  ビッグバン以来、自然淘汰ランダムウォークは遂に細胞へと行きついた。そしてご存知のように、細胞を備えた生物が栄えることになった。細胞のなかにはリズミカルに収縮するものがあって、偶然に心臓ができた。一旦心臓ができると、そのデザインはどんどん洗練されていく。でも細胞に変わりがあるわけじゃない。ゲームは既に新しい局面を迎えている。自然淘汰がいま問題にしているのは、心臓のアーキテクチャだ。心臓の根本はもうできあがってる。いまはそれをできるだけうまく動かしたい。だから心臓外科医もその部分に注目する。あなただって車を買う時に、まさか陽子や中性子の物理、合金の化学的性質を考えちゃいない。考えているのは、快適か、安全か、燃費はどうか、運転はしやすいか、イケてるか、どれかに決まってる!
  •  当たり前のことを言ったつもりなんだけど、このアナロジーは案外理解されていない。ジョン・サールが理解していない哲学者の一人だ。とはいえ、彼をこき下ろすのがこの本の目的ではない。ここで指摘したいのは、脳の基本的な物理的単位のレベルと、複雑で捉え難い心の属性のレベルを同列に考える暗黙の前提がいかに広く支配しているかということだ。