にんじんブログ

にんじんの生活・勉強の記録です。

MENU にんじんコンテンツを一望しよう!「3CS」

にんじんと読む「知識の哲学」🥕 第一章

  •  形而上学 …… 世界とはどんなふうにできているのか
  •  認識論  …… 世界がどうあれ、私たちはそれを知り得るのか

第一章 なにが知識の哲学の課題だったのか

 知っているとはどういうことか。これについて哲学はこういうふうに定義してきた:「それを信じており、それは実際真であり、それは正当化されている」。これがしかじかを知っているということの古典的意味なのだ。つまり、知識とは正当化された真なる信念である。注意しておくと、これはいわゆる「命題知」についての定義であり、他にもいろいろの知識があることを私たちは知っている。

  1.  Know-that 「しかじかということ」を知っている。(命題知)
  2.  Know-how 「自転車の乗り方」を知っている。
  3.  Know-what 「ヴェジマイト」を知っている。これを知っていれば土産物屋で買って帰れる。
  4.  Know-what-it-is-like 「ヴェジマイト」がどのようなものであるかを知っている。(味、固さといったようなもの。Know-whatの知だけでも土産物屋で買って帰ることはできるが、食べないと味はわからない)

 命題知の定義で最も人を困らせるのは「正当化」という概念である。いちいち理由を言わなければ知っていることにならないのでは困る。だからこの「正当化されている」というのは、「もしも理由を質問されたら、答えられる」ということを意味する。そしてまたその理由が、昨晩お告げがあったから、だとしたら知識として認めるわけにもいかない――――どんどん面倒になってくる。認識論の課題はまさにここにあって、お母さんが買って来たケースの中にドーナツが入っていることから、ブラックホールの存在まで、認識論的に正当化されているとはどういうことかをズバリ説明しようとしたのだ。【課題1:正当化ってどんなもの?】

 認識論的に正当化したいのは、それが「真理を知る」という目的を持っているからだ。時間も空間も超越してなんでもかんでも実地に見ることができればこんな正当化はいらないが、私たちは有限な存在であるので、証拠を以てして真理にアクセスする。すなわち、この目的からすれば、我々が得ようとする正当化には真理への接近を保証するようなものが含まれていなければならない。【課題2:その正当化は真理に近づける?】――だがこの課題は容易ではない。なにしろ、この正当化は「正当化の正当化」であり、一切なんの「知識」も使うことができないからである。