にんじんブログ

にんじんの生活・勉強の記録です。

MENU にんじんコンテンツを一望しよう!「3CS」

にんじんと読む「妊娠中絶の生命倫理 哲学者たちは何を議論したか」🥕 ①

ジョン・ヌーナン

 妊娠中絶における根本問題は「ある存在者が人間であることをどうやって規定するのか」である。人はいつ人になるのか。神学者たちは人間存在を程度に基づいて差別することを拒否し、受胎即人間とみなした。受胎したのだからもうそれは人間である。

 これに対して、生存可能性を用いた基準がある。受胎しようが、妊娠〇週目までいかないと胎児は母体と切り離して生存できない。要するにその生命が完全に母親に依存しているがゆえに、その胎児はまだ人間とはいえない、という。じゃあ人工保育機ができれば途端に胎児は人間になるということか、とか、人種はもちろんその他個人差がデカすぎないかという反論はすぐ思いつく。が、そもそも依存性などと言い出したら、5歳児だって橋の下に放り出したら死ぬに決まっているんだから、生存可能性がどうだのいっても人間かどうかなど決められないのではないのか。まさか1歳児は人間ではないというつもりなのか?

 ここで一気に悲観的になって、そもそも人間性などというものはないのだと言って見よう。だが一体それをだれに対して言っているのか。そのだれかは人間じゃないのか。なんだかよくわからないナニカと話しているつもりでいるのか。犬と人の区別もつかないはずだから、ペットショップに行ったらひっくり返るに違いない―――というわけで改めて人間性を探す旅に出ることになるのだが、やはりうまくいかない。

 そもそも受胎したら人間という以前に、精子だって人間の素材なんだから「その潜在性を差別しない」と言い張るなら精子だって人間なんじゃないのか? いやいや、精子だけじゃ人間にはならんし、それを言い始めたら原子レベルで人間だと言わなくちゃいけなくなる。やっぱり卵子が必要だ。んじゃあセックスしよう。で、精子卵子が出会って受精……となるのは確率的には案外小さい。少なくとも個々の卵子とか個々の精子レベルでいくと、ちょっと気が遠くなるぐらい確率は小さい。草むらで何かが動いたのを見たあなたが猟銃をぶっ放すとき、それが人間である確率が2億分の1だったら「何やってんだよあぶねえな」とみんな非難してくるだろうか。そもそもその存在者の特性が決まるのは遺伝情報によってなのだから、んー、やっぱり受胎したらそれは人間だといったほうがいいのか……ということになってくる。

 胎児を人間だとみなすことは、少なくとも、妊娠中絶を道徳的に非難する理由にはならない。平等な権利を持った二者の善が対立することなど、よくあることだ。ただ平等とはいえ、胎児は口をきけないし、胎児の権利とは生存の権利とほぼ完ぺきに一致するため、互いに事情がまったく同じとはいえない。この二つの対立についての裁判は、たとえば母体に危険が及ぶ場合には母親の生命の利益を上位におくことで判決が決まることがある。「自己防衛」のための中絶だ。だがこういう例外を無制限に認めていくことはもちろんできない。「同じ人間なんだから」という立場でものを見ると、母体の命が危険にさらされない限り、中絶は認めることなどできるわけがない。そして現在では、昔よりは確実に、母親の命が出産によって失われる例は減っているため、ほとんどのケースで認められないことが帰結する。

ジュディス・ジャーヴィス・トムソン

 胎児が人間だという前提はまったく妥当ではない。

 君らはいつもこういう。「人間の発達のどこに線を引くんだ? 引けないだろ。はい胎児は人間」いやいや、んじゃ「ドングリ」を見たらあんたは「樫の木だ!」っていうのか? どこから人間かの線引きの未来は明るくないが、だからどこをとっても人間なんだというのは飛躍である。10週目はかなり人間らしいが、受精卵を見て人間だと叫ぶのはちょっと違う気がする。

 とはいえ、ここで興味があるのは、「胎児が人間だ → 中絶は許容されない」という論証だ。前提も疑わしいが、前提を認めたところでなんでそうなるかわからない。彼らは全ての力を「我ら人間」に費やし、当たり前のように結論に行きつく。相手も同じ人間なんですから、という感じ。でもちょっと待て。私たちが朝目覚めて、かの有名なヴァイオリニストと背中合わせにつながれた状態であることを発見したとする。なんでこんなことになってんだと近くにいたオッサンに聞いたら事情を説明してくれた。

「心配なさらないで。彼は腎臓病で、どうしてもあなたの血液が必要だったので愛好家連中が夜のうちに連れて来たんです。あなたの血管と彼の血管はいまつながっています。9カ月ほどで彼の病気はよくなります。いやいや、はずそうとしないでくださいよ。今外したら間違いなく彼は死ぬんですから」

 私たちはオッサンの要求を受け入れなければならないだろうか?

 状況はこうだ。なんだかよくわからないにしても、ある日突然誰かと繋がれてしまう。で、その誰かは引き離されると死ぬという。私たちにはもちろん身体の自由があるが、そんな個々人の権利よりも「命」というのは大切なので、多少個人の自由が制限されても仕方がないでしょ。・・・・

 いやいや、あんた誘拐されてますよ。でもセックスは合意でやるじゃん。

 そう言いたくなる。んじゃ襲われてできた子どもは中絶OKということだ。なんで? 子供にはなんの罪もないのに? 中絶反対派の人は案外こういった区別を設けていない。よくわからんヴァイオリニストと9カ月間ご一緒するわけだ。もっと過激派はこの腎臓病の治療によって母親が死のうが絶対に中絶は認めない。そんなんあり?

  •  まあ命は大事だし、ととりあえずプラグで繋がれていたあなたのもとに、ふたたびあのオッサンがやってきて言う。「悲しい事ですが、どうやらあなたの命は一か月ももちません。でも外してはいけませんよ、彼が死にますから。プラグを抜くことは積極的な行為、殺人なのですから」「うるせえ! こんなやつ知るか!」 ← これって責められること?

 「ちょっと待てよ。それじゃあ結局、母親が危険にさらされる場合に限られるって意味?」と言われたなら、NOと答える。なんでって、まるで君らは生命の権利というやつを完全完璧、最強の権利みたいに扱っている。はっきり言えばこれが間違いのもとなのだ

 姫の命が危ないが、これを救うには勇者のキッスが必要だとしよう。これは「生命の権利」というのを考えるうえで重要である。姫には間違いなく「キスしてよ!!!」と迫る権利はある。だが、だからといって勇者にキスされる権利を得るわけではない。姫の家来が勇者を誘拐したとき、勇者が「いや~びっくりしましたが命のためならしょうがない」と言ってくれたらいい奴ではあるが、そう言わなければならない理由はない。「なに誘拐しとんねん」と言わせてあげようではないか。

 でもそれじゃあ「権利」ってなんなの?

 実はこれは生きる権利だけでなく、すべての権利が共有する大問題なのである。もしも生きる権利が殺されない権利なのであれば、やっぱり勇者はキスしないといけないし、プラグを抜くのは罪なのだ。要するに、中絶否定派がいうほど、「みんな人間やん? だから中絶駄目やん?」という議論はあたりまえではないということだ。