にんじんブログ

にんじんの生活・勉強の記録です。

MENU にんじんコンテンツを一望しよう!「3CS」

にんじんと読む「比較不能な価値の迷路」🥕 ① 国家はそもそも必要なのか?

第一章 国家はそもそも必要なのか?

 何らかの制度の正当化は、発生論的なものと帰結主義的なものに分かれる。国家が「人々の自発的な意思の合致によって成立したから」正当だとするのは前者であり、国家が「人々の効用を増大させるから」正当だとするのは後者である。実際、「国家」というものは正当なのだろうか。

 この頃、国家というものが不要であるとする『国家民営化論』(=政府の機能を市場が果たす)があるが、これはもちろん帰結主義的な正当化を目指さざるを得ない。もし民営化によってもれなく全員の効用が上がるなら文句なく全員一致で(少なくとも民主的な)国家は消滅するだろう。しかし、今のところどこもそんなことになっていない。現実的なのは、「そのほうが社会全体として厚生が改善される」というような正当化だろうが、効用が低下した人に対して生じる損失補償を市場が行うとは考えづらいため、どうも無理筋である。国家ありきの状態から無政府状態を正当化するのはほぼ無理そうなので、戦略を転換するならば、政府がそもそも存在しない自然状態を出発点として議論するのがいいだろう。こうすることで、国家擁護派の人が自らの立場を立証する責任を負う。「無政府でよかったのに、なんで国家なんて作ったの?」というわけである。

 国家という存在は人々に対してこのようにせよと要求する。もし国家が正当化されるならこの「権威」が正当化されなければならないだろう。オクスフォード大学のジョゼフ・ラズ教授は権威について、

  1.  権威が人々の行動を拘束できるのは、命令の存在とは独立に名宛人に妥当する理由が存在する(依存テーゼ)
  2.  各人がそれぞれ独自に彼(女)に妥当する理由に合致した行動をとろうとするよりも、むしろ権威の命令に従った方が、その独立の理由に、よりよく合致した行動をとることのできる蓋然性が高いから権威は正当化される(通常正当化テーゼ)

 と言っている。たとえば英語教師が「Repeat after me」と言ってるのに従わないといけないのは、生徒が英語を学習したいからであり、うまく英語を吸収するためには先生の言うことを聞いたほうがよさそうだからである。つまり国の権威に従えば人々が本来とるべき行動をよりよくとることができれば、権威は正当化されるわけだ。そこでよく指摘されるのは調整問題状況と囚人のジレンマである。

(調整状況問題)車は道路の右側を走ろうが左側を走ろうが別にどっちでもいいのだが、どっちかには決まっていてもらわないと困る。多少の便・不便は生じるにしてもとりあえず決めてもらって、みんながそれに従うことがまずもって重要である。このような調整問題はゴミの日のカレンダーなどに始まり、日常的に発生する。社会の自生的な慣習、暗黙の了解でも解決できるだろうが、国家の権威に従うことによっても解決する。

囚人のジレンマ協力すれば全体としてはうまくいくのに、相手が裏切るかもしれんので先に裏切っといたほうが合理的になってしまうジレンマである。たとえば、敵襲が来た時に二人で協力すれば撃退できるのに、相棒がビビって逃げたら残ったほうが死ぬ。この問題は公共財の利用にあらわれる。警察・消防・防衛といったサービスは対価を払わない人々にも及ぶので、全員がただでそれを利用してやろうなどと考えたら事業は立ち行かなくなり、全員が公共財を利用できなくなってしまう。そこで国家はルールを定め、すべての人から公平に徴収する。

 以上によって国家が正当化されたかどうかは議論の余地があるが、もし認められるなら、次のような帰結に留意しておかなければならない。

  • ※ みんなが国家の言うことを聞くのは国家がえらいからとかではなく、従ったほうが便利だからにすぎない。
  • ※ 権威の正当性は従ったほうが便利だからという一点に尽きるので、別の権威がその問題をよりよく解決しているなら従う理由はない。
  • ※ そのような事情もあるので、国家の権威は最高のものでも不可分なものでもない。国際機関のほうが適切に問題を解決するならそちらに従うべきである。
  • ※ この役割を果たすことが肝要なので、民主的な正統性は別に必須ではない。

 調整状況問題は慣習でどうにかなる部分があるので、権威を基礎づけるのはやはり囚人のジレンマの処し方であろう。ホッブズの社会契約論は自然状態をジレンマ状況だと考えてそれを解決する手段として国家を正当化する議論である。しかし、これは正しいだろうか。