にんじんブログ

にんじんの生活・勉強の記録です。

MENU にんじんコンテンツを一望しよう!「3CS」

(メモ)協力の条件

テーゼ1:行為の主観的最適性 意図的、自覚的に複数の選択肢から行為を選択するという場面においては、人びとは主観的に最も望ましいと思われる行為を選択する。

協力の条件

 人は自身にとって望ましい行為を選択する。問題が生じるのは、互いに協力すれば望ましい状態が達成できるにも関わらず、個人としては協力しないほうが利益になるようなジレンマ状況である(協力問題)。この問題を解決するにはそのゲーム自体の構造を変える以外に方法はない。このゲームチェンジャーがなんであるのかが課題となる。定式化すれば協力問題とは、次の二つの事態が同時に成立している状況である。

  1.  集団レベルでは、より多くの人々が協力することで、集合的な利益が達成できる。
  2.  個人レベルの利益の観点からは、協力しない方が協力するよりも望ましい。

 ゲーム理論は方法論的個人主義を旨とする。つまり社会現象とくには経済現象をあくまで個人レベルの諸変数によって記述して説明する立場である(経済学者J.シュムペーター1908)。そこでたとえば「制度」のようなしくみが説明項として用いられることはなく、それはあくまで人々の行動パターンとして扱われる。

※ところで仮に主観的な望ましさと自己利益が同一ならば集団の規範に従うこともまた「利己的」なこととなるが、このような言葉遣いは、自分の利益しか考えていない場合と集団や他者の利益を重視している場合の区別をするための理論的な視座を失わせてしまう。『人間はみんな利己的なもんでしょう』という言葉は、””狭い意味では””という注釈がつけられたほうがよさそうだ。

※「合理性」は望ましさに対するものであり、そもそも主観的なものであるから、全知全能のような想定はありえない。限定合理性はこれを言い表したものだが、この言い回しは””限定されない合理性””があるかのような含みをもってしまうため使用には注意を要する。

※ここで「協力」とされているのは集合的利益に資するという特徴を持っているものであって、いかに協力らしい行為でも協力になっているとは限らないし、協力らしくない行為でも協力になっている場合がある。