にんじんブログ

にんじんの生活・勉強の記録です。

MENU にんじんコンテンツを一望しよう!「3CS」

にんじんと読む「借りの哲学」 第一章

第一章 交換、贈与、借り

 「贈与」というものは基本的に「交換」を目指しており、未だ返さずの部分が「借り」である。高級レストランで奢ってあげたのにお返しがサイゼだったら損をしたと思うだろうか。ただ相手の経済力を考えるとサイゼでも十分だと思う人もいるだろうし、サイゼで食事なんてありえないという過激派もいるだろう。高級レストランでの奢りがそもそも以前やってあげた引っ越しの手伝いの借りを返す意味があるならば、返され過ぎたぶんとしてマクドで昼食でも借りを返せたことになるのかもしれない。

 かように、等価交換を目指すとはいっても数値化されていないのでズバリ的中させることなどありえず、しかも返した・返されたは当人の考え方にもよる。そうするとこのやりとりの公平性についてはいかに考えればよいのだろう。そもそも完全に借りを返したなどということがどうもありえそうにもないことを考えるに、交換という概念をもとに贈与や借りを説明した冒頭の文はむしろ逆で、あいまいな「借り」がどうにかなったという理想を思い描いたのが「交換」ではないのか。「交換」とは自由のために発明されたのではないか。

 実際、交換という経済活動は特に原始的な社会においてまったく自然なものではなく、むしろ交換を行わずできるだけ排除しようとするものさえあるほどである。そこではサイゼに対して高級レストランを返礼にするような、とても等価とは思えない(失礼)「どちらがより多くのものを与えるか」という競争的な贈与が行われる。そこではむしろ不均衡な状態を作り出し、相手との関係を維持することが目的となっている。借りがあるほうとないほうが順番にシーソーする関係は、一方が支配的ではなくむしろ台頭といえる。しかしすぐにわかるように、上述したような競争的な贈与社会においては遂には命まで差し出さなければならなくなり、困った事態が生じてくる。資本主義社会にみられる等価交換的社会を反省を踏まえれば、私たちはむしろ「贈与ー借り社会」で互いを信用した信頼のシーソーに乗るべきなのだ。

 

【メモ】

 交換から贈与と借りを説明するのはたいへんわかりやすい。やったぶんだけやってもらえるだろう、やってもらったからやってやろうというのは普通の感覚だと思う。そしてそれも基本的には「50vs50」を目途にしたことである。まぁ、だからこそ、返礼は小さくして利益を増やそうという考えも出てくるのだろうが……。これが最大になったものが返礼などしないという態度であり、協力という視点から見ても人間関係をぶった切るものである。

 これを二者間の関係ではなく広く世界法則としてみれば「良いことをしたぶん良いことが起こる」みたいな公平世界仮説になりそうだ。そう考えると、世界はそれほどよいシーソー相手ではない気がするし、支配的な関係の気もするが、そもそも自分も世界の一部なので「自・他」という単純な切り分け自体が間違いとも思える。飛躍し過ぎか。

 シェイクスピアがどうだの、政府の役割がどうだのということは一切割愛している。今の興味は資本主義にはなく借りにあるからだし、シェイクスピアはふつうにどうでもよいからだ。また「シーソー」という比喩はぼくが勝手に作ったものであり、「自分」と「特定の乗る相手」というニュアンスがあるが、故人に受けた恩など絶対に返せないものがあることを見るに返礼の相手は絶対に拡大される。だからこそついさっき「世界」というでかいことを言ったのだが、たぶんこれぐらいにはなるのではないか。著者に願うこととしては、神とか言い出さないでほしい、ということだ。

 単に二者間に限ったとしても、相手がシーソーで遊んでくれるかどうかは一見して自明ではない。たとえば会社の同僚など、道行くオッサンを思い浮かべてみれば、彼が協力的であるかどうかなどわかるはずがない。ゆえにフツーの(社会的・社交的な)人間は、挨拶や旅行のおみやげなど軽い贈与をかまして様子を見ているのだろう。挨拶やおみやげは試験紙になる。どこぞの天才は「挨拶は無意味です。本題に入ってください」みたいなノリでいるし、試し方はいろいろありそうだ。関係構築が目的なので投資という言い方は適切ではないが、ジャイアンみたいな【根はまっとう】というわかりにくいいい奴ではなくて【普通にまっとう】なやつを発見するためには人を試すような伝統的な行動も方法の一つではありそうである。ジャイアンもいい奴だろうと思うが、平気で殴って来るし横暴なので、映画ぐらいでしかマジメにならないやつと付き合うのは、わたしたちが人生でやりたいと志向していることに対して「時間の無駄」と感じるかもしれない。あなたはどんな風に相手を見極めるだろうか。

 

 

にんじんと読む「行為主体性の進化」 第三章

第三章 目標指向的行為主体

 地球上最初の生物は行為主体ではなかった。彼らは口を開きさえすれば食べ物が入ってくるので、逐一環境を評価し決定するシステムが必要なかったのだ。実際、現存する類似の単細胞生物は、食べ物に満ちた空間に生きている訳ではない代わりに常に動き回り、口をあけて養分を摂取し満足すれば動作を停止する。その動作はまさに機械的なもので、「向かわない」という決定を下すことができない。

 それから時は流れ、ミミズのような左右相称動物が誕生した(最初の人類の祖先)。彼には神経系が備わっている。彼らは養分や有害物質を検知し近づいたり離れたりするだけでなく、食物の摂取具合からたくさんあるかないかを感じ分けられる。しかも養分のほうへ向かう途中で有害物質に突き当たった場合、遠ざかるほうを選び直すこともある。神経系によって知覚と行動が結び付き、単細胞生物よりも複雑なシステムを持ってはいるが、そうとはいえ、内的な目標と比較しつつ行動指針を決定していると考えられるほど高度なものではない。

 四肢や歯、爪などを得た複雑な能動的身体を持つ生物が登場するのはそれよりもさらに後のことになる。カンブリア爆発が生じ、生物が溢れ、捕食活動や捕食されるのを回避するなど多様な問題に対処するためにはミミズのような形態では簡単に絶滅してしまう。そしてそうした行動な捕食者・回避者が登場することそれ自体が問題であり、さらに複雑な機能を必要とするようになる。最初の行為主体的な生物がなにかはわからないが、ミミズの次に起こったのは「目標指向的」な生物であったと思われる。たとえば、飢えを感じ、そして「目で見つけ」、「四肢で移動し」、「口で食べる」ようないくらかのステップの生物であり、各ステップごとに続行か続行でないか決定される。彼らは明らかにミミズのようなものよりも複雑であり、自己の行動を特定の目標に向けて導くし、環境を知覚した情報によって自己の行動をコントロールしている。落ち葉掃除機やエアコンなどの機械と違い、彼らは目標に対する好機と障害につねに目を光らせており、はるかに柔軟に行動を決定する。

 そうとはいえ、そのような生物も単純といえば単純である。なぜなら複数の行動の可能性を同時に評価し選択することがなく、実行/中止を決めたら次のステップに下りるだけだからだ。より複雑な行為主体はこのようなシンプルなステージの他に、複数の行動計画の策定と実行すべき計画の選択というステージがある。

 

 

 

にんじんと読む「借りの哲学」 はじめに

はじめに

 資本主義が発展する以前の社会において、負債・借りをつくるというのは首輪をはめられるのと同じく、拘束され返せなければ相手の奴隷になるのと同じことだった。つまり「自由」を奪い、束縛したのである。しかし資本主義においては負債はすべてお金で片がつくようになった。だから人々はすべてしがらみから自由になるはずだった。ただ、お金がなければ負債は返せないし、結局のところ資本家に隷属することになっている。世の中にあるすべての負債や借りをお金に換算しようという試み自体がそもそも無理だったのだ。だが人はいまだにそこにしがみつき、結果、人びとの結びつきが弱く孤立したままでお金を求め資本家に隷属しながら昔よりはるかに大きな苦しみにあえいでいる(p16までの内容)。

 私たちは遂に、自分ひとりでは生きていけないのだと気が付いた。アウグスティヌスの言うように、「私たちがもっているもので、人から受けていないものがあるだろうか?」。借りや負債というものは自由を奪い支配される危険性も持っているが、安心して借りを作れる状況であれば、たとえばよい家族のように、他者への信頼や互いの支え合いという意識が形成されてくるのである。

 

【メモ】

 「借り」を感じる気持ちはほとんどみんな共有するだろうが、誰もがそうではない。人に何かしてもらっても当たり前と思っている人もいるだろう。というかそもそも、ほとんどのケースでそうだともいえる。電力会社に借りを感じている人が一体何人いるのだろう。自分の住んでいる賃貸マンションを維持管理してくれている管理会社や、清掃スタッフに借りを感じるだろうか。

 いわば「借り勘」(責任感、と著者は言いそうだが)には恐ろしく幅があり、人智を越えたマックスレベルになると何をするにも一切、借りを感じている。なんでもよいからなにかを彼の意識のまな板にのせれば、たちまち「借り」をえぐり出してくるだろう。

 目次から察するに、著者は生まれてきたことに借りを感じている相当な「借り勘」の持ち主である。しかも『神から与えられた才能は世のなかに返さなければならない』という節をもうけるなど、スパイダーマンに出てくるベンおじさんみたいなことを言っており(「大いなる力には大いなる責任が伴う」)背負っている責任感はスーパーヒーロー並みだ。注意して読まなければならないと思う。どうも海外の思想は持っている能力を使えと迫ってくるところがあるが、ヒナまつり』のヒナやアンズたちのように超能力が使えても平和利用せずにフワフワ生きてるやつがいてもいいのではないだろうか。

 「借り」という概念はきわめて重要だ。たとえば人間関係の基本は「ケア」「協力」にあると思うが、いくら自分が協力的でも向こうが借りを感じていなければ何にもならないからだ。そして自分自身も、いったいどこまで、どういう風に借りという概念と付き合っていけばよいかを考えておかなければなるまい。

 

 

 

にんじんと読む「行為主体性の進化」 第二章

第二章 行為主体のフィードバック制御モデル

 さて、行為主体は単純な刺激➡反応ではなく、流動的な周囲環境を考慮しつつその都度そえに基づく決定を下し自己の行動を調節する。逆に、未知の状況下での柔軟な行動こそが行為主体の存在の証拠となっていたのだった。いったいどのようにしてこのようなことがありえるのか、進化論的に筋道を問うのが本書の基本的な目標である。刺激からの反応という機械的な、線形的なモデルは多くのことを説明しはするが完全ではない。環境からの入力に対して結果を出力というスイッチがずらりと並んでいるシステムから、もう少し複雑なものに視点を移してみよう。

 エアコンというものは室温を感知してその温度が基準値を超えると目標室温に向かって動作し始める。たとえば22度設定の暖房は20度の室温を感知すると目標温度との比較によって動作を決定する。やがて室温が22度に達するとやはり目標との比較によって動作を停止する。この循環性は単なる入れて切るだけのスイッチとは異なる。ここにあるのは「22度以下なら動作」というスイッチではない。もしそうならば、稼働中に設定温度を変えてしまったとしても、エアコンは22度に達するまで止まらないだろう。もしカメラで捉えた落ち葉に反応する落ち葉掃除機が落ち葉を発見して動き出したとしよう。風で落ち葉が吹き飛び、そこにはもう何もないのに動き続けるのと、カメラに落ち葉が映っていないことに””気づき””動きを止めるのとでは、やはりシステムとしてまったく異なるものだろう(フィードバック制御システム)。そしてまた、多くの場合どちらのほうが効率的に仕事をこなすシステムであるかは明らかだと思われる。

 機械に対して「目標」という言葉を使用することに抵抗を覚えるかもしれないが、人の代わりとして設計されたものだからある程度有用であるし、ここでは単に「基準(望ましい状態)を感知すること」として捉えよう。望ましい状態がなにかは一旦措いて、ひとまずそのようなものなのである。たとえば幼い娘と一緒に庭で遊んでいる父親は、一つの目標として娘が庭にいるという目標を持っている。娘が庭の内部にいる限りなにもしないが、基準から外れると動き出し、庭に娘を連れ戻す(逆にそれが目標であるのは父親がまさにそのような行動をとるからである。目標が””意識””されている必要さえない)。ここでは何もしないことすらも基準に向かう目標指向的な活動とみなせる。同じように、呼吸というのは一見目標指向的には見えないが、酸素が欠乏すると人は必死に呼吸しようとする。安定状態にある限り、人はそれに対して特別なにかしようとはしない。

 ここには三つの重要な構成要素がある。

  1.  基準値あるいは目標
  2.  感知装置あるいは知覚
  3.  行動に関する決定を下し実行するための知覚と目標の比較装置

 進化というものが生物の形を変える際に考えるべきことは、環境などが変化し問題に直面したフィードバック制御システムの構成要素のうちどれにどのような変更を加えていくかということだ。

 

 

にんじんと読む「行為主体性の進化」 第一章

第一章 はじめに

 霊長類や哺乳類はたとえば昆虫たちより知的にみえるが、行動の複雑さの観点では大した差はない。ただ、昆虫たちの行動が進化によって培われた生物学的規制(バイオロジー)に基づくのに対して、哺乳類はある程度は個体のコントロールのもとで情報に基づく決定を能動的に下す心理的規制(サイコロジー)に基づいているように思える。もちろん哺乳類も生物学的規制、すなわち進化を通じて獲得した能力の範囲内で行動しているが、たとえばリスが越冬のために木の実を蓄えるというバイオロジー的行動は時の場合によって臨機応変に対応しなければならない。リスはその都度なんらかの決定を下しているのだ。その観点で見れば、哺乳類は昆虫たちに比べてこの決定の自由度が高い、といえるかもしれない。そこにいる「個体レベルの行為主体」という概念は、頭の中でコントローラーを握る小人を連想させ評判が悪いが、私たちはわざわざ小人という物質や実体を持ち出さなくても、進化によって獲得した「フィードバック制御組織」という行動組織によって説明することができる。そこでのポイントはやはり、生物が生息する自然というものがだんだんと変化し、単純なプログラムでは対応できなくなるという予測不可能性であろう。

 

 

にんじん道具箱「[nicolyfam] ルームシューズ」

[nicolyfam] ルームシューズ

 数えている人はいないと思うけれど、にんじんが一人暮らしをはじめてから8年が経過した。つまり8回の冬を越えた(そしていま越えつつある)ことになるのだが、今までまったく気が付かなかった。冬は暖房の温度を上げるのではなく、足さえ温めればいいのだということを。

 そこで登場するのがルームシューズ。アマゾンの会員なら無料で試着できるのでぜひ試してほしいのだが、足を温めるだけで暖房の温度は余裕で下げられる。2度はいける。別にルームシューズであればブランドにこだわる必要はないのだが、にんじんが履いたことのあるものということでこれを紹介いたします。