にんじんブログ

にんじんの生活・勉強の記録です。

MENU にんじん放送局にて「今日の単語(キョウタン)」月曜日8:30更新中!

読書

にんじんと読む「不登校という生き方(奥地圭子)」🥕 ①

第一章 不登校はなぜ起きるのか 不登校とはなにか。文科省は不登校を「何らかの心理的、情緒的、身体的、あるいは社会的要因・背景により、児童生徒が登校しないあるいはしたくともできない状況にあること」で「年30日以上欠席したもの」(病気や経済的理由…

お茶の勉強

お茶とは チャとは、被子植物門(Magnoliophyta) ー 双子葉植物綱 (Magnoliopsida) ー ツバキ目(Theales) ー ツバキ科(Theaceae)ーカメリア属の永年常緑樹のことである。比較的温暖な気候、年間降水量1300mm~1500mm以上が必要で、弱酸性の土壌を…

にんじんと読む「アドラー心理学への招待(アレックス L チュウ)」🥕

アドラー心理学の理論的基礎 アドラー心理学は次の仮説に基づいている:《人はそれぞれ社会的な環境の中にあり、決定と選択の能力を持った、分割できない存在である》(p21)。 すべての行動には社会的な意味がある 私たちの行動は社会的な文脈の中で起きる。…

にんじんと読む「超高齢社会の法律、なにが問題なのか(樋口範雄)」🥕

第一章 高齢者の問題は法律問題でもある。すなわち、たとえ裁判にならないとしても、法律家の助言を必要とするような場面が多い。 超高齢社会の法律、何が問題なのか (朝日選書) 作者:樋口範雄 発売日: 2015/12/10 メディア: 単行本 第二章 高齢者とは、65歳…

経済学をたらたら勉強したメモ

経済学とはなにか 経済学とは、さまざまな経済主体が市場で財やサービスやお金を交換し合う経済活動を、ある仮説をもとにモデル化し、説明しようとする学問である。ひとつひとつの経済主体について扱うものをミクロ経済学、国民経済全体をひとくくりにして扱…

にんじんと読む「経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか(C・ダグラス・ラミス)」🥕

にんじんかみ砕き。他にも憲法9条のことなど書いてますが、経済成長のところと関係あるところだけです。 まずこの本の主張は「経済発展論は非現実的だ」というものです。経済の発展とは、つまり所得倍増のことでGNPという指標によって測られるとされてきま…

にんじんと読む「21Lessons(ユヴァル・ノア・ハラリ)」🥕 1「幻滅」

「幻滅」 「ファシズム」「共産主義」「自由主義」という三つの物語があった。 ファシズム 異なる国家間の闘争として歴史を説明し、他のあらゆる人間の集団を力づくで征服する一つの集団によって支配される世界を思い描いた。 共産主義 異なる階級間の闘争と…

にんじんと勉強する経済学(途中でやめた)

面白くないので途中でやめました。 勉強したい方は中高の教科書でわかる経済学 ミクロ篇でどうぞ。 経済学の基本原理 もし資源に限りがなければ経済学は生まれない、と思われる。資源を効率的に配分する学問が経済学である。 希少性→トレードオフ→効率と配分…

にんじんと読む「日本文学の特徴について(加藤周一)」🥕

日本文学の特徴について 日本文学には著しい特徴がある。 文化全体の中での文学の役割に関わる特徴 その歴史的発展の型に関わる特徴 言語とその表記法 社会的背景 世界観的背景 文学の役割 日本文化のなかで「文学」と「造形美術」の役割は重要である。 各時…

にんじんと読む「ベーシックインカムへの道(ガイ・スタンディング)」🥕

ベーシックインカムとは、個人に対して、無条件・定期的に少額の現金を配る制度のことである。この根本的な目的は経済面での基礎的な保障を提供することだ。全面的な保障や裕福な暮らしを送れるようにすることなどは想定されていない(第一、そんなことは不…

「ファッション」について

アイデンティティとコミュニケーション 衣食住が大事だという。ここに「衣」があるが、これにはコミュニケーション、対人関係というものも含まれているという解釈がある。たぶん、もともとはそんなことではなかったと思うが、そのように付け足すことには一定…

「被害妄想(ピエール・ジャネ)」を中途半端に読んだ🥕

途中まで読んだのでメモ程度にまとめです 被害妄想――その背景の諸感情 作者:ピエール・ジャネ 出版社/メーカー: みすず書房 発売日: 2010/03/20 メディア: 単行本 ここでの主題は「妄想」、特に「被害妄想」です。 たとえばこうです。:アタシ悪く思われてる…

にんじんと読む「心がつながるのが怖い(イルセ・サン)」🥕

他者と愛情に満ちた親密な関係を築けないのは何故か? その答えのひとつとして、『私たちが自分自身をあざむき、自分を守ろうとする戦略をとり、愛に自らストップをかけてしまっている』ことが挙げられます。そのような戦略は、防衛機制(フロイト)だったり…

にんじん読書日記

「ぶれない 骨太に、自分を耕す方法」 「底辺」を広げると「高さ」が生まれる。基礎力をつけよ。肝心なときにがんばる力。 「君、そうやって、ただ便利なだけの人間になるなよ」 古典を学び、自然をよく見る・一流に接する・「向こう十年間は絵でお金をとる…

にんじんと読む「省察的実践とは何か(ドナルド・A・ショーン)」🥕

第一章 専門的知識に対する信頼の危機 プロフェッショナル=専門的職業は、主要なビジネス――たとえば戦争・国防・教育・医療・法律・経営・建築・福祉――を担当する、社会にとって必要不可欠なものである。われわれは彼らを尊敬しみずからもそうなりたいと思…

「国家」について考える

本日のテーマは「国家」です。 国家というのは目に見えて存在しているわけではないが、税金だ刑罰だ、なんだかんだとところどころに顔を出してくる。一体国家とはなんなのだろうか。 『国家とはなにか』 作者: 萱野稔人 出版社/メーカー: 以文社 発売日: 200…

「漢詩」ってなんかカッコイイよね(漢詩・日本語入門)

本日のテーマは「漢詩」です。 ⇩ 漢詩の入門。ガッツリした本から入って挫折したので、わかりやすそうなものから手に取ってみました。 基礎からわかる 漢詩の読み方・楽しみ方 読解のルールと味わうコツ45 (コツがわかる本!) 作者: 鷲野正明 出版社/メーカー…

「物語論の位相」と読んでみた!🥕

本日のテーマは「物語論の位相」です。 物語論の位相―物語の形式と機能 (松柏社叢書―言語科学の冒険) 作者: ジェラルドプリンス,Gerald Prince,遠藤健一 出版社/メーカー: 松柏社 発売日: 1996/12 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 13回 この商品を含む…

『多文化世界』で知る、文化に住み着くわたしたち🥕

本日読みたい本は『多文化世界』です。 多文化世界 -- 違いを学び未来への道を探る 原書第3版 作者: G.ホフステード,G. J.ホフステード,M.ミンコフ,岩井八郎,岩井紀子 出版社/メーカー: 有斐閣 発売日: 2013/10/21 メディア: 単行本(ソフトカバー) この…

にんじんと学ぶ「ニュートン力学」 ニュートンの運動法則

本日のテーマは「ニュートン力学」です。 相対性理論によって「古典力学」という位置づけにはなったが、ニュートン力学は依然として中心的役割を果たしている。日常的な物理現象はすべてこの力学のもとに理解されるし、そう日常的ともいえない惑星ほどの巨大…

「DEATH 死とはなにか」を読む

日本語縮約版ということですが、読んでいきたいと思います。 「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 日本縮約版 作者: シェリー・ケーガン,柴田裕之 出版社/メーカー: 文響社 発売日: 2018/10/05 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含…

完璧主義を蹴散らす「分散戦略」【「自己に向けられた完全主義の心理学」】

本日のテーマは「完璧主義」です。 このブログではかなり完璧主義の問題を取り上げていますが、①にんじんにそのケがある、のももちろんなのですが②たぶんこれからどんどん増えるし、今の時点で滅茶苦茶多いと思っているからでもあります。 完璧主義とはなに…

内発性という思想【「承認」の哲学】

本日のテーマは「承認」です。 いつものことですが、にんじんなりの要約であって紹介している本の著者の主張とは異なるかもしれません。 「承認」が気になるので読みましたが 本の内容自体には低評価で、おすすめはしません。 途中で力尽きました。 「承認」…

人類の未来とは?【「ホモ・デウス」 上巻】

本日は「ホモ・デウス」を読みたいと思います! サピエンス全史を書いたユヴァル・ノア・ハラリさんの本ですね。 サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福 作者: ユヴァル・ノア・ハラリ,柴田裕之 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/09/08 メデ…

マズローに代わる新しいピラミッド【「野蛮な進化心理学」】

本日のテーマは「進化心理学」です。 実のところ本書は、私たちが抱く一番大きな問題、つまり人生の意味とはなにかという疑問について論じたものだ。 野蛮な進化心理学―殺人とセックスが解き明かす人間行動の謎 作者: ダグラス・ケンリック,山形浩生,森本正…

世界のシンプルな捉え方とは?【「FACTFULNESS」】

本日読んでいきたいのは「FACTFULNESS」です。 随分話題になったので多分もう読んだ方も多いのではないでしょうか? Q. 世界の人口のうち、極度の貧困にある人の割合は、過去20年間でどう変わったでしょう? 選択肢:(1)約2倍になった、(2)あまり変わ…

アイデンティティは要らない【「自意識と創り出す思考」】

今回のテーマは「自意識(アイデンティティ)」です。 にんじんが今回読みましたのは「自意識(アイデンティティ)と創り出す思考」です。 「アイデンティティなど必要ない」 自意識(アイデンティティ)と創り出す思考 作者: ロバート・フリッツ,ウェイン・S・…

にんじんと学ぶ「発声のメカニズム」

本日のテーマは「声」です。 せっかくマイクを購入したので、ひとつ勉強してみようと意気込んでいます。 誰にでもできる発声法(ボイストレーニング) 作者: 熊谷卓 出版社/メーカー: 日本実業出版社 発売日: 1996/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログを…

にんじんと読む「経営戦略の論理」

今回はこちら。 経営戦略の論理 ダイナミック適合と不均衡ダイナミズム 第4版/日本経済新聞出版社/伊丹敬之 posted with カエレバ 楽天市場 Amazon 戦略とはなにか 戦略とは、市場の中の組織としての活動の長期的な基本設計図である。 戦略は、中核戦略と展…

にんじんと読む「免疫と「病」の科学」

今回のテーマは「慢性炎症」です。 専門的というかむずかし~(∩´﹏`∩)のが多かったのでそこらへんは全部飛ばしてます。多分手に取ってもらったら同じ顔になると思います。そして最後には「禁煙して何事もほどほどにするんやぞ」というよくある対策が示されて…