にんじんブログ

にんじんの生活・勉強の記録です。

MENU にんじんコンテンツを一望しよう!「3CS」

日記

生きている、なぜか(日記)

2022.06.18記 おそらくだが「どうして生きているのか?」という問いを、「なぜ生きて行かなければならないのか、その理由はなにか」と解釈すると求めている答えには永久にたどり着けない。なぜならそんな理由はなく、今すぐに死んでも特に大きな影響はないか…

解決可能性(日記)

2022.06.11記 問題の解決可能性は明らかに、その問題が実際に解決できるかにかかっている。閉じ込められた牢屋の鍵を開けるのに「看守の持っている鍵を観察し、木工室でレプリカを作り、解錠する」という映画並みのテクニックは脱獄という目的をたしかに提供…

うまくやりたいの病(日記)

2022.05.29記 うまくやろうとして成功することはほとんどない。文章も、うまく書いてやろうと思っているとうまくは書けない。世の中のうまい文章というのは推敲しているからうまいんであって、最初からうまく書けるひとはいない。磨いてうまくなる。 出来事…

ここは家ではない(日記)

2022.05.22記 あまりにも衝撃的だったので書かずにはいられない。 誰かが間違って部屋の火災報知のボタンを押したらしく、アパートのサイレンが鳴り響いた。呑気な当人はいつまで経っても対処しないのでサイレンは鳴り響き、呼ばれてやってきた消防隊員も「…

コンビニの店員(日記)

2022.05.12記 この前コンビニに行ったら支払が機械になっていた。金を出したら店員が「どうぞ」と言って機械を指差し、こちらの様子をうかがっている。支払いを済ませるとレシートが出てきて商品をとって帰ったのだが、店員がその間中、ずっとこちらの様子を…

カツラダ(日記)

2022.05.01記 知床遊覧船の社長として今や有名なカツラダ氏であるが、彼は事故が起きてから悪名ポイントを稼ぎ続けている。半沢がやらせたがることで評判の土下座を何度やっても、国民全員が帝愛グループ会長の顔つきになってしまっているのでさほど効果はな…

機嫌の悪い日(日記)

2022.04.02記 特段なにかあったわけでなくても、機嫌の悪い日というのはある。機嫌というのは「なんかだるい」と同レベルの体調の一種で、「自己株式会社」の「意識部」に届いた差出人不明の通達である。部長がうまく対処できないとなんだか本当にイライラと…

幸せな世界の幸せ者と不幸せな世界の不幸せ者(日記)

2022.03.19記 『ぽっかぽか』というドラマでは、田所家が出くわす色々なごたごたを描いている。この三人家族はまさに幸せそのものであり、この作品について検索すれば、田所家三人の笑顔ばかりが出てくるだろう。とはいえ、自分がこの作品の(にわか)ファン…

デスノートの倫理(日記)

DEATH NOTEという作品をご存じだろうか。 冒頭にこんな確認をしたことに自分自身おどろくのだが、しかし、この作品はなんと2003-2006年の作品であって、netflix版でさえ2017年なのでもう5年も経つ。とはいえ、2000年はじめの頃の作品が2017年になってさえ名…

時事日記(2022.03.16記)

2022.03.16記 この頃はコロナよりもウクライナのほうが話題である。もはや誰も感染者数など気にしていないような気さえするが、自分もそうならみんなもそうだろうというたぐいの妄想かもしれない。ともかくコロナよりもウクライナのほうが、にんじんとしては…

将来価値計算を勉強したので計算などしてみる(年金)

年金終価係数の導出 毎年A円を利率xでn年間運用する。すると次のようになる。 これをさらに計算すると、 こうなる。つまり、Aに掛けるところの分数が、年金終価係数である。 みんなが欲しかった! FPの教科書 3級 2021-2022年 (みんなが欲しかった! シリーズ)…

(メモ)「いや」について

私たちは自分の「本当の気持ち」がわからなくなることがある。 なにかの受け売りなのかはわからないが、にんじんは昔から、「本当の」という言葉がつくときは完璧に疑わしいものとして処理せよという持論を持っている。この言葉がつくとき、すべてのものは胡…

考えたことなど

頭の整理がしたかったため。 考えたことなど(標語) 自己は概念の運動である。自己は意識された自我であり、諸側面の束に過ぎない。 自我はある傾向をもった一つの働きである。自我は動物的な快/不快の区別に始まり、成長を含む環境の変化に応じて分化する…

「死」についてTHINKする

にんじんはこのところ、「死」についてよく考えます。 にんじんと考える「死」 以前、『キリギリスの哲学―ゲームプレイと理想の人生』という本を読んだとき、人生というゲームについて考察したことがあります。にんじんは、人生は死を目的とするゲームだと主…

目標を達成するということ(つれづれ)

目標達成に関する本を読んだので、せっかくだから目標達成に関することを書きたい。目標達成に関する本は目標達成について書いている。達成すべき目標は前提されている。しかし、目標というものは随時更新されていくものである。あまりにも長期的な目標は、…

【携帯日記】マクドナルド行ったがな

どもじんです! マクドナルド行ってきました! チキチーとメロンシェイクです とても美味しかった。 のですが、マクドナルドってこんなんだったかなあと寂しく思うところもあります。昔はもうちょっとパクついて「もっと欲しいな~」と言いたくなったのです…

【メモ】猫は後悔するか?

猫は後悔しないが 「猫は後悔するか?」と問われる(語りえぬものを語る)。著者の答えは明瞭である。猫は後悔などしない。なぜなら猫は分節化された言語をもたないからだ。言語がなければすべては現物で済ませるしかない。しかし後悔とは反事実的な可能性で…

【エッセイ】傷つきやすいvulnerable存在

「人はみな善く生きようとする」たしかに。しかし善いとは抽象的な善なるコトではなく、まさにそのようにするコトである。わたしが朝に牛乳を飲むのは、それがわたしにとって善いからである。すると、なるほど、善く生きようとしない者はいないわけだ。だが…

【エッセイ】特になにもしなくていい日

いつもなにかしなければならないという気持ちに追われている。これは勤勉ではない。「生産性」ではかられるようななにごとかを為さねばならないと躍起になる、ほとんど現代の病である。こんなに暇しているなら働いているほうがましじゃないかしら、だってそ…

【携帯日記】朝マック・月見マフィンセット

どもじんです! 本日(10月半ばぐらいですが)は少々遠出いたしまして、 ついでにマクドナルドにやってきました。 頼んだのはコレ。月見マフィン。 飲み物はQooです。 小さくねえか? と思わないこともない。 が、味はかなり良い。 食べると、卵とハムとソ…

【携帯日記】百均でのお買い物2選(ふたつしか買ってないため)

どもじんです! 購入した商品がこちら。 絵面が地味すぎる。 左はノートですけど、なんと中身がちがいます。 白ではなく茶色。 (^^)ここにおめえのペンをおとしてみなよ。 で、 もうひとつがタッパー。 1.7リットルで冷凍庫にもはいります。 今回入れてみた…

【携帯日記】おうちでIPPUDO(一風堂)

どもじんです! 今日はラーメンでおなじみの一風堂さんの記事です。 一風堂さんのラーメンをおうちで作ってしまいます 中を開けると なんかもうちょっときれいに撮影したいかんじがある。 でも要するにお湯を沸かして全部放り込めばいいんだな、ハイハイ(雑)…

【携帯日記】にんじんコンテンツのお財布

どもじんです! にんじんコンテンツには毎月、普通の財布から一定額を移ってきます。それがいろいろのことをする予算になるわけです。 まあ、たいした額ではないので、駄菓子を買うぐらいしかできないですが。みなさんはやくにんじんストアに行ってください…

【エッセイ】うまくできていない人間

うまくできていない人間 仕事でやけに怒る人がいる。たぶんストレスが溜まっているんだろう、などと思ったりもするが別にストレスという言葉になにか特別の含みがあるわけではない。ただ「あの人は自然本来的にはああいう人物ではないのだけれども日々の疲れ…

【携帯日記】顔が薄汚い問題 ~おひげを剃ろう~

鏡で見ている顔はいつも真正面からのものです。 人が自分をみているときは少し角度がついているし、光のあたりかたも違うので、見え方はやはり違うようです。 そこでにんじんも自分を動画で自撮りしてみました。 その動画をここでお見せすることはもちろんで…

【携帯日記】駄菓子だわっしょい②

前回の続き。当たり前だけど今回で最終回です。 続いてはうまい棒です。「やおきん」のうまい棒。味は左から、たこ焼き、テリヤキバーガー、やさいサラダ、やきとり、となっております。 うまい棒って開けるときにぼろぼろこぼれるじゃないですか。にんじん…

【携帯日記】駄菓子だわっしょい①

今日は携帯から軽めの更新です。Twitterみたいにお楽しみください。 というわけで駄菓子です。奥に写っているのは我らがアイドル・コペンちゃんです。あまりにも量が少ないとか言わないでください。これだけでなんと約500円です。高い? まずはこれから。こ…

【エッセイ】大人と子どもについて

〈子ども〉という概念・〈大人〉という概念 大人に対立する子どもという概念は近代的なものである(〈子供〉の誕生―アンシァン・レジーム期の子供と家族生活)。フィリップ・アリエスはその書籍のなかでさまざまな文献調査を通じ、中世においては「子ども」…

にんじんと読まなくていい「Think Smart(ロルフ・ドベリー)」(日記)

売り文句は「間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法」です。ありがたいことに読み始めてすぐにその方法の大枠が示されます。それは、すべきことよりもすべきでないことに目を向ける、幸福を手に入れるよりも不幸を避ける。で、この本では52の…

ふつうの日記(亜鉛・倫理・湖中町)

自粛で困ったのは図書館がしまったことぐらいでした。にんじんです。 最近DHCの亜鉛サプリを飲んでいます。DHC 亜鉛 60日分 60粒 60粒と言っていますが一日1粒なので、二か月分です。朝すっきり目覚めたり、元気はつらつになると聞いていたのですが、まだ飲…