にんじんブログ

にんじんの生活・勉強の記録です。

MENU

健康

【健康を測る】主観的体調・体温・体重・脈拍・血圧・血中酸素濃度について

主観的体調 1,2,3,4段階で判定しましょう(「感じ」で)。 その感じを下のデータと比較することで「自分が一体何を感じているのか」をより精密に感じ取っていきます。 体温でわかること 体温というものは体温計で測定します。 「身体の部位」「測定時…

認知行動療法・自分で治す〈不安〉(日常気分記録表)

本日のテーマは「〈社会不安〉を自分で治す」です。 にんじんが本を参考にしつつ、勝手に言っているだけなので専門家の記述が直接見たい場合は本をあたってください。 不安もパニックも、さようなら 不安障害の認知行動療法:薬を使うことなくあなたの人生を…

「体力」を整理する

本日のテーマは「体力」です。 最近体力がなくなってきたとは思いませんか? そういうわけで体力をつけましょうという話になるのですが、そもそも体力ってなんなのかわからないと、そもそも何をつければいいのかわかりません。 体力とはなにか 体力(physica…

食品の健康への影響を調査してみた🥕(3品)

白米 www.healthline.com 白米は、栄養のある外皮が取り除かれているところがネックです。玄米がすすめられるのはそういうわけですね。玄米は心臓病のリスクを低下させ、血圧が安定し動脈硬化も防ぎます。玄米は栄養からも、リスクからも白米より推奨されま…

食べるべき食品・食べてはいけない食品【「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」】

本日のテーマは「食事」です。 わたしたちはなにを食べるべきなのでしょうか? 世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事 作者: 津川友介 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2018/04/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 答…

ものを飲み込むときのこと

随分前に、「唾液が飲み込めない」という症状について書きました。 carrot-lanthanum0812.hatenablog.com この記事でも書きましたが、そもそも唾液は無意識的に飲めるようになっています。それができないということは「あなたの気持ち」が原因ではなくて、そ…

座りっぱなしは悪影響!

にんじんはアウトドアで活動することがあまりありません。 だいたいパソコンでなにかかたかたやっているのですが、もちろんそのときは座っているわけですね。一方、にんじんはこの頃体の不調を色々訴えてきました。「腰が痛い」「息苦しいときがある」「座る…

にんじんと読む「免疫と「病」の科学」

今回のテーマは「慢性炎症」です。 専門的というかむずかし~(∩´﹏`∩)のが多かったのでそこらへんは全部飛ばしてます。多分手に取ってもらったら同じ顔になると思います。そして最後には「禁煙して何事もほどほどにするんやぞ」というよくある対策が示されて…

あのフォロワーを救いたい! 2019年8月版・睡眠の設計!

にんじん健康ランド・睡眠まとめ 睡眠時間を決めてください(6時間以下はアウト。活動時間を考えながら決定) 何時に寝て、何時に起きるかを決めてください。起きる時間に目覚まし時計を設定してください。できれば22時~2時の時間は入れてください。 遮光性…

一体何歳まで生きられるのだろう。寿命のお話。

今回のテーマは「寿命」です。 さて、そこでいつも話に出てくるのが平均寿命ですが、これはどんどん伸びております。厚生労働省にある「平成29年簡易生命表の概況」によると、2019年の平均寿命は男性で81.09歳、女性で87.26歳となっております。前年と比較し…

完璧主義がもたらす、ひとつの症状のコト。(咽喉頭異常感症)

以前こういう記事(日記)を書きました。 carrot-lanthanum0812.hatenablog.com 「完璧主義」の話です。 言い換えるなら、失敗したくないと深刻に思い悩むこと。失敗したくないと思うのは当たり前の事ですし、というか、あるレベルまではそう思っててくれな…

ぼくたちの「脳」を整理してみる(脳の機能)

本日のテーマは「脳の機能」。 脳を最適化するという本を読んだのでそれをもとに脳機能を一旦まとめてしまおうという記事です。全体像を把握して、地図を作っておこうというわけです。 「脳の機能」の地図 単純糖質と複合糖質 認知症の原因とその予防 脳血管…

人は寝ないとどうなるのか。「睡眠」という活動

本日のテーマは「睡眠」です。 そもそも睡眠とはなにか なんのためのレム睡眠? 睡眠と記憶の関係 何時間寝れば一番いいのか? サーカディアンリズム コレをするときは、この時間 辞書に不可能という文字がないことで有名なナポレオンは、 三時間は勤勉、四…

アイコンタクトのための3つのコツ

|ω╹ ) チラッ 人をひきつける心―対人魅力の社会心理学 (セレクション社会心理学) 作者: 奥田秀宇 出版社/メーカー: サイエンス社 発売日: 1997/09/01 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (2件) を見る

椅子は深めに腰かけるぐらいがちょうどいい。

椅子は深めに にんじんは周期的に頭痛に悩まされます。その主な原因は首コリであろうと思われます。最近はスマホやパソコンを常時使用することで首が曲がり、いわゆるストレートネック、いわゆるスマホ首になるわけですが、これが非常に首に悪い。首が痛くな…

加齢に伴って失われる筋肉と、対応する筋トレ

加齢で失われる筋肉 大腿四頭筋(ふともも) → スクワット 上腕三頭筋(腕の裏。ぷにるとこ) → 腕立て伏せ 大殿筋(ケツ) → スクワット 広背筋(腕、ワキ、腰にかけてあるやつ) → パームプル 脊柱起立筋(背骨的な) → プランク 大腰筋(骨盤にまとわりつ…

腰痛に効く・うつぶせゆらゆら

うつぶせユラユラのやり方 枕を抱いてうつぶせになります お尻を左右に振ります 二分ほど続けます これだけなのです。要するにうつぶせになってケツを振るだけなのですが、これが驚くほど効きます。「腰いたい」となってるときにふりふりすると良いでしょう…

眼精疲労に目の体操

フォロワーさんはもちろん、にんじんブログを見ている人は常に眼精疲労と闘っているかと思います。そうでなくとも、この頃はとにかくパソコンを使う機会が増えました。文章を作るのもまさか原稿用紙に書くわけにも参りません。お金持ちになったら文章を書く…

朝起きたら「白湯」を飲もうよ

今回ご紹介するのは「白湯」です。飲み物ですね。作り方は簡単、鍋に水を入れてお湯にするだけですね。要するにお湯なのですが、これがかなり効果があるのです。 調べてみるとうさんくさいが 白湯を飲むと「空(くう)」が溜まってそれが体に良いとか書いて…

歯みがきはたいせつだよ

さて、前回は手洗い・うがいを紹介しました。今回はなんと歯みがきです。 歯みがきぐらい知ってるよ にんじんメディカルはこういう平凡な手法を紹介することばかりなのですが、これが案外重要なことばかりだったりするのです。前回「うがい」で説明しました…

手洗い・うがいの効能

さて、世の中にはいろいろな健康本が出回っておりまして、そのなかには矛盾した内容も見られることがあるほどです。絶食しろ、一日一食がいい、二食がいい三食にしろ、いや四食だからといわれて、いずれ虹になるんじゃないかという勢いです。 専門家でない人…