にんじんブログ

にんじんの生活・勉強の記録です。

MENU

資格

労働関係一般知識・過去問まとめ【社会保険労務士】令和元年度

労働契約法 ①労働契約法第4条第1項は、「使用者は、労働者に提示する労働条件及び労働契約の内容について、労働者の理解を深めるようにする」ことを規定しているが、これは労働契約の締結の場面及び変更する場面のことをいうものであり、労働契約の締結前に…

徴収法過去問まとめ【社会保険労務士】令和元年度

今度は徴収法です。 共通 (1)総則 第一章 総則(趣旨)第一条 この法律は、労働保険の事業の効率的な運営を図るため、労働保険の保険関係の成立及び消滅、労働保険料の納付の手続、労働保険事務組合等に関し必要な事項を定めるものとする。(定義)第二条…

【社会保険労務士】徴収法・労働保険事務組合とは

労働保険事務組合とは? 労働保険事務組合とは、事業主の団体又は連合団体であって・一定以下の規模の事業からの委託を受けて・印紙保険料を除く労働保険事務を処理することのできるものです(徴収法33条)。 ※基本的には組合に属している事業主からの委託に…

雇用保険法まとめ【社会保険労務士】令和元年度

内容 (1)事務の管轄:施行規則 ① 雇用保険法第38条第1項に規定する短期雇用特例被保険者に該当するかどうかの確認は、厚生労働大臣の委任を受けたその者の住所又は居所を管轄する都道府県知事が行う。 ⇒ ✖ まずはこちら。 第八十一条 この法律に定める厚…

【令和2年社労士試験対策】労働基準法対策「就業規則」を徹底的に。

出る可能性が高い就業規則分野をまず潰しましょう。 ⇩ にんじんが使用するテキスト みんなが欲しかった! 社労士の教科書 2020年度 (みんなが欲しかった! シリーズ) 作者: 出版社/メーカー: TAC出版 発売日: 2019/10/09 メディア: 単行本(ソフトカバー) 第…

【令和2年社労士試験対策】労働基準法対策・択一式

労働基準法分野は、かなり多彩です。択一式は毎年大問が7つ出ます。 五章(安全衛生)・七章(技能者の養成)・八章(災害補償)・十章(寄宿舎)の出題は相当にレアケースで、基本的にはそれ以外の章を用いた問題が出ます。章をまたいで出題されることもあ…

労災保険法まとめ【社会保険労務士】令和元年度

内容 (1)派遣労働者に係る災害の認定 ①派遣労働者に係る業務災害の認定に当たっては、派遣労働者が派遣元事業主との間の労働契約に基づき派遣元事業主の支配下にある場合及び派遣元事業と派遣先事業との間の労働者派遣契約に基づき派遣先事業主の支配下に…

労働安全衛生法まとめ【社会保険労務士】令和元年度

過去問のチェックポイントまとめです。 安衛法は通達とか最判例がどうとかよりも、法律に書いてあることが素直に出てくる傾向にあります。 令和1年まとめ (1)安全衛生管理体制 - 特定元方事業者 素直な問題。 (2)譲渡等の制限・具体例 数十項目も覚…

労働基準法まとめ【社会保険労務士】令和元年度

過去問チェックポイントまとめです。 基礎 法律 通達 最高裁判例 基礎 男女同一賃金の原則(4条):女性であることを理由とした賃金差別✖ 強制労働の禁止(5条):合意なく働かせるな 公民権行使の保証(7条) 労働者の定義 要暗記 【通達:光genji通達】 賃…

【令和2年社労士試験対策】労働安全衛生法対策・択一式

社労士・安衛法の試験対策記事です。 安衛法の過去問を見てみると、まぁ見なくても大体わかると思うのですが、「安全衛生管理体制」(第三章)と「元方事業者関連」(第四章)が頻出で、ほぼ毎回出ています。 択一式は労働基準法と合わせて3問出ますが、だい…

社労士関連NEWS「高齢雇用給付金 段階廃止へ」

社労士NEWSです。 雇用保険で学んでいるであろうテーマですね。社労士試験では時事問題も出るので、ざっと状況だけ把握しておいて損はないかもしれません。 みんなが欲しかった! 社労士の教科書 2020年度 (みんなが欲しかった! シリーズ) 作者: 出版社/メー…

2020年度社会保険労務士 対策記事!🥕

本日のテーマは「社労士」! 令和元年試験に落ちたことが、結果を見なくてもわかる勢ことにんじんです。ちょっとこのあたりで落ち着いて、2020年度(令和2年)試験の対策について考えていきましょう。 社労士試験の目標は、合格基準を満たすように点をとるこ…

【今日のお勉強】労働基準法「賃金の定義」

労働基準法「賃金」 労働基準法上の賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものをいう。 ※注意が必要なのは、客からもらったチップは賃金じゃないってことだよ。チップを集めて配り直し…

【今日のお勉強】労災法「第三者行為災害」&労災法「特別加入」

労災法「第三者行為災害」 労災法は仕事が原因で痛い目を見たら金出してくれるんだったよね。 大抵はものが倒れてくるとかそういうことなんだけど、時折「人災」っていうこともあるんだ。そういう場合も労災は助けてくれるけど、本来はそういう場合って、原…

【今日のお勉強】安衛法「特定機械等の名前」&安衛法「就業制限」

安衛法「特定機械等」 安衛法では、危険有害な作業を必要とする機械等については使用中だけでなく、製造段階から規制を行っているよ。しかもその中でも特にヤバイとされてるのが特定機械等って呼ばれてるんだ。 ボイラー(小型除く) 第1種圧力容器(小型除…

【今日のお勉強】徴収法「労働保険料の種類」

労働保険料には6種類もあるよ。 一般保険料 第1種特別加入保険料 第2種特別加入保険料 第3種特別加入保険料 印紙保険料 特例納付保険料 (1)=賃金総額×(労災保険料率+雇用保険料率) (2)=特別加入保険料算定基礎額の総額×第1種特別加入保険料…

【今日のお勉強】徴収法「賃金総額」

労働保険の保険料を計算する基礎は「賃金総額」です。 賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称のいかんを問わず、労働の対償として事業主が労働者に支払うもの(通貨以外のもので支払われる賃金については、その範囲は、食事、被服及び住居の利益ほか、…

【今日のお勉強】雇用保険法「雑則」

雇用保険法の雑則について見ていきましょう。 時効 失業等給付の支給を受ける権利 失業等給付の返還を受ける権利 不正受給による失業等給付の返還命令又は納付命令による徴収をする権利 2年で消滅 書類の保管 事業主及び労働保険事務組合は、原則として、 …

【今日のお勉強】徴収法「事業の一括」

徴収法の一括には、 有期事業の一括 請負事業の一括 継続事業の一括 この三種類があります。 社労士の勉強など、そもそも資格勉強全般そうですが、テキストはざっとやって問題演習で理解していくのが基本です。ここでもさらりと確認して、そのまま過去問に挑…

【今日のお勉強】雇用保険法「教育訓練給付」

今日のテーマは「教育訓練給付」です。 雇用保険法の被保険者は「一般被保険者」「高年齢被保険者」「短期雇用特例被保険者」「日雇労働被保険者」の四種類がありました。そのうち主だっているのは最初の二つです。教育訓練給付もまた、この二つが受給できま…

【今日のお勉強】国民年金法「遺族基礎年金」

前にもやったはずなんですけど、全然問題が解けないんですよ。やっぱり関係ないと思ってるからなんでしょうか。 遺族基礎年金というのは、国民年金の被保険者が死んだときに出るお金のことなんですが、①どういう要件で出すのか、②どんな相手に出すのか、結構…

【今日のお勉強】労働基準法「就業規則」

今日は労働基準法にある「就業規則」の勉強をしましょう! 就業規則とは、労働者の就業上遵守すべき規律及び労働条件に関する具体的細目について定めた規則のことです。 当たり前ですが、就業規則は労働基準法を守らないといけません! 規則が労働条件の具体…

【社労士】健康保険法

目的 保険者 健康保険組合 全国健康保険協会 適用事業 被保険者 保険関係の成立と消滅(届出) 適用事業 被保険者 給付 給付の基礎 給付の種類 法律あるあるですが、順番通りやろうとしても知らない単語が出て来て別の場所を参照しなければならないという面…

【社労士】労働者災害補償保険法② 二次健康診断等給付

二次健康診断等給付 二次健康診断等給付は、 労働安全衛生法の規定による一般健康診断のうち直近のものにおいて、血圧検査、血液検査その他の事由による脳血管疾患及び心臓疾患の発生にかかわる身体の状態に関する検査であって、厚生労働省令で定めるものが…

【社労士】労働基準法「平均賃金」&「労働協約と労使協定の違い(ざっくり)」

平均賃金の原則 労働基準法では、 平均賃金とは、これを算定すべき事由の発生した日(賃金締切日がある場合においては、直前の賃金締切日)以前3箇月間にその労働者に対し支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除した金額 といいます。たとえば算定事…

【社労士】労働基準法「割増賃金」&「妊産婦等」

割増賃金 法定労働時間は一日8時間、一週間につき40時間が原則となっています。 これを超えると通常の計算額から数割増しで賃金を計算しなければなりません。これを割増賃金と呼びます。超えた時間は次のように分けられます。 時間外労働 : 2割5分(月…

【社労士】健康保険法③ 資格取得と喪失

資格の得喪 (1)一般被保険者 次のいずれかに該当するに至った日から資格取得。 適用事業所に使用されるに至ったとき 使用されている事業所が適用事業所になったとき 適用除外に該当しなくなったとき ※要するに、一般被保険者に分類されるであろう人が適用…

【社労士】健康保険法④ 保険者

保険者 健康保険法の保険者は、全国健康保険協会及び健康保険組合とする。 組合が組合員の保険を管掌しているのに対して、協会はそうした組合員以外の被保険者の保険を管掌しています。ただし日雇特例被保険者については協会のみが保険者となります。 いくつ…

【社労士】労働保険の保険料の徴収等に関する法律③ 有期事業の一括

事業の一括 有期事業の一括 有期事業の一括には、2以上の事業が次の要件を満たす必要があります。 それぞれの事業の事業主が同一 それぞれの事業が有期事業 建設又は立木伐採の事業 事業規模の概算保険料が160万円未満。 建設:請負金額が1億8000万円未満 …

【社労士】労務管理その他の労働に関する一般常識 労働契約法

労働契約法 労働契約法は、 個別労働関係紛争を解決するための労働契約に関する民事的なルールを規定したもの みんなが欲しかった! 社労士の教科書 2019年度 [働き方改革関連法対応] (みんなが欲しかった! シリーズ) であって、平成20年3月1日から施行されて…